« 7月 2018 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Home > Tags > 多摩川クラシコ

多摩川クラシコ

スポンサードリンク

2014 J1 第24節 川崎フロンターレ VS FC東京

川崎風呂ンターレ0-0東京

 アウェーでの多摩川クラシコです。結果は珍しくスコアレスドロー。試合はやはりホームの川崎が優勢に、東京が隙をついてカウンターを仕掛ける獲った展開。しかし、東京は攻撃の手口が少なすぎる、川崎は良いようにパスを繋いでポゼッションをし崩してくる、東京の守備も堅く、崩されてもゴールだけは割らせなかったというところ。ここまで守って石化宇野チャンスも決められない。うーん本当に歯がゆい、上手く行きそうで行かないまだまだだなぁ・・・。

しかし、やはり個人的にはパスで崩すサッカーの方が好きではあるので上手く崩せず、攻撃のパターンが少なく、結局縦ポンカウンターに見えてしまう今のスタイルは歯がゆさがある。でもこれがはまれば勢いづく東京も好きだし、昨年までの崩しで魅了したパスワークも捨てがたい。 うーん 結局は勝ち点3があれば言うこと無いんだが。

2014 J1 第4節 FC東京 VS 川崎フロンターレ

東京0-4川崎風呂ンターレ

 今期1戦目の多摩川クラシコ、そんなのどうでも良いような結果となった。大惨敗。先日のナビスコカップ鹿島戦で機能した4-3-1-2に変更し川崎と対峙したが・・・結局試合通してほとんど何も出来なかった。川崎に押しこまれ圧倒されズルズル下がる東京。ACLとリーグ戦の連戦で疲れているだろう川崎に運動量も負けている。連動してボールを回し保持して崩してくる川崎が主導権を握り続けてくる。たまに東京もボールを持つもロストだらけ、ミスだらけで前戦に運べず攻撃の形すら見えない。結局は米本の横パスを狙われ失点、カウンターで失点で前半0-2というスコアで折り返す。後半に入りミスの多い米本に代え河野、何処か痛めたのか?エドゥーに代え平山。後半早々こそ機能するも川崎にすぐ主導権を奪い代えさえさらに2失点。東京は何も出来ず、終了間際には相手韓国人選手に肘打ちを喰らい加賀が負傷退場で1人少なくなるなど散々な状態で今シーズン最初の多摩川クラシコを惨敗という形で終えることとなった。

  正直酷い。何も出来ない東京。何が悪い?監督?システム?選手?サポ?それともお得意の味スタの芝が悪いから勝てない?とか言い出す? 今までのパスサッカーを捨てたのも東京、采配も迷走していたのも東京、ミスパスを繰り返したのも東京、全部だ全部。だからといって更迭だ!とか言うのではあかん。何とかしないとね。ただ、産みの苦しみとは言えどもフロントはどういう考えで過去の東京のスタイルを変えようとしているんだろうか・・・パスサッカーを捨てたように感じる今季。個人的にはポゼッションパスサッカーが好きだけれど、機能するならどんなサッカーでも良い。だけど今在籍している選手達にに合うプレースタイルのチームにしといて欲しいとは想う。ハッキリ言って今日の試合は何も感じない。戦えない、ワクワクしない期待できない。スタジアムに集客できる物では無い。

2013 J1 第20節 川崎フロンターレ VS FC東京

川崎風呂ンターレ2-2東京

 多摩川クラシコです!お互いがっぷりと組み合い、攻守ともに動きのある好試合でした。しかしどちらかと言えば東京攻勢で試合は進みシュートチャンスも東京が多く、得点の臭いはしていた。しかし先制したのは一瞬の隙を突いた川崎、前半33分、大久保が先制弾を決める。しかし同39分には千真が決め追いつき前半を1-1で折り返す。しかし後半開始早々に憲剛に決められ2-1と勝ち越される。だが今の東京はなかなかやってくれる。後半11分太田が直接FKを左足でたたき込み2-2。その後も両チームチャンスを作るも決めきれずドローとなりました。

 しかし中々見応えのある、攻守に動きも有り両チームともガッチリと組んで戦った好試合だったのでは?結果は勝ち点1しか得られなかったので、手放しで喜ぶことは出来ないが、負けなかったことも重要。勝ち点1をアウェーでしっかりゲットしたのでとりあえずよしかな・・・・

2012 J1 第5節 川崎フロンターレ VS FC東京 多摩川クラシコ

川崎風呂ンターレ0-1東京

 なぜかダービー扱いの多摩川クラシコです!決して馴れ合いじゃないがち勝負のクラシコですよ。そんな共にJリーグを盛り上げたい両チームの試合は中々白熱するのですが、東京が昇格し久し振りの開催となりました。ここ数年は良い成績が残せていないので勝利を目指します!

 試合は前半からお互いの良いところを出し合ったり、守ったり攻めたりと両チームらしく質が高くほぼ五分五分の状態で鬩ぎ合っていたように思えました。 そしてスコアレスのまま後半へ・・・後半に入るとすぐに長谷川が2枚目のイエローで退場すると試合は一気に変わって行ってしまいました。ボランチの長谷川が退場したためトップ下で先発していた羽生を下げ米本を投入。数的有利になった川崎が怒濤のように東京に襲いかかることになるのだが、最後の砦権田が何度も何度も危機的状況を救う。その状況を見ていて・・・・『今日は負けない』と何となく感じていました。そんなみんなの予想は後半終了間際に的中。中央からの高橋のミドルをゴールキーパーが弾くとCKに。そしてそのCKをナオが蹴りここぞとばかりの必殺モリゲヘッド!が炸裂先制。もう時間が少ない状況でのゴールに川崎もパワープレー。東京は必死に守りなんと1人少ないのにアウェーで見事勝ち点3ゲットしました!

Continue reading

2010 J1 第31節 FC東京 VS 川崎フロンターレ & 名古屋優勝!

東京1-2川崎ウンコターレ

 もう負けられない、勝ち点0は赦されない状況での川崎戦。正直多摩川クラシコだからと言って全く盛り上がってないしタマシコ楽しむ雰囲気でもない。そんなもんはどうでも良くて勝ち点さえあればいいそんな状況で迎えた今日だったが、始まってみたら昨年のナビスコ決勝でやった「トイレットぺーパー投げ」を何故かやってる、いつも通りの雰囲気でやればいいのに変に浮き足立ってる東京サポって感じだったかな。そんな浮き足だった東京はチームもここ数試合とは違ってなにかおかしかったように思えた。

 前半は東京も川崎もつぶし合いで良いところもなくお互いがお互いのミスを突いてって感じのつまらない展開、思い切った展開が無くスコアレスで後半へ・・・

 後半へ入るとあっさり失点、特に崩されたわけでもなくゴール前での守備の一瞬の穴をつかれの失点、体勢が整って無くても撃ってくる川崎の勝ち。 1点ビハインドになって意気消沈することは今の東京にはなく、その後も淡々とつまらない時間が続くがセットプレーから森重が頭で決めて追いつく。その後は川崎は全然形が作れず間延びしていたので東京の時間帯で頑張ればチャンスが来そうだなって思っていた瞬間にくだらない守備陣のミスの隙をつかれてボール奪われ酷い失点シーンで勝ち越されそのまま負ける。

Continue reading

1 / 3123

Home > Tags > 多摩川クラシコ

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top