« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > MotorSports > F-1 Brazil Grand Prix 2007

F-1 Brazil Grand Prix 2007

 F1GP今季最終戦BrazilGPが行われました。これで今シーズンは終わりです。

 今年のF1は久し振りに最高に盛り上がり面白いシーズンだった。まさかアロンソがここまで苦戦し、ルーキーのハミルトンが王者最有力になっているとは・・・しかも不運のレーサーライコネンも確実にポイント獲得し続けて実力は証明済みですし・・・

 それで日本GPと中国GPであれよあれよという間に三者のポイントが一気に縮んでしまい、最終戦のBrazilだったわけです。

スクーデリアフェラーリ02 いやーしかもアロンソはなかなかタイム上がらないし、ハミルトンはギヤが入らなく一気に後方へ落ち、最後までガンガンせめてましたけどそれでも届かず・・・史上初のルーキー世界王者はお預けとなりまして、ついについに、フェラーリ移籍1年目にして3回も王者を逃してきたキミライコネンがついについにの王者ですよ。まさか3番手の男が最終戦で最後まで諦めず今シーズンを戦い続けてきた不運のドライバーがついに世界王者です!いやぁちょっと最高に面白い展開で楽しかったですよ、セナプロ時代を彷彿とさせるマクラーレンが圧勝かと思いきや、フェラーリが最後に追い抜いた、素晴らしすぎるこのドラマチックな展開。3人でチャンピオン争いをするなんて本当に懐かしい往年のネルソンピケ、ナイジェルマンセル、アランプロストのあの三者による王者争いのように過去の楽しかったドラマチックだったF1サーカスが戻ってきたようです。

 今回は後、あの雨の中嶋悟の息子がなんとも名門ウイリアムズからデビューですよ。あの、車椅子の闘将フランクウイリアムズ率いるウイリアムズのですよ。マンセルや、セナが在籍したメーカーチーム台頭の中奮戦しているウイリアムズですよ!確かにエンジンがトヨタでジャパンマネーが入っていると言うことも大きく影響はしている物の、名門チームで日本人がドライブしたと言うことは非常に嬉しく、今後も期待したい出来事だったわけです。確かにあくまでサードドライバーで来年の契約に即繋がるというわけではない今回のドライバー起用ですが、予選順位はよくなかったけど、デビュー戦で10位完走は合格点ではないでしょうか?ただ、ピットクルーはねとばしたり、ホンダのバリチェロと接触したりとまだまだ慌ただしい慣れていない部分も多く見受けられましたが先輩ドライバーの佐藤琢磨をマシン差はあるにせよパスしたりと、その実力の片鱗も見せてくれたので本当に来期以降の彼の動向に期待したいところです。そのまえにシート確保できるかが肝ですが、ウイリアムズじゃなくてもどこかから参戦してくれたらなと思いますね。

 いやぁF-1て本当に面白いですね。

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid788.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
F-1 Brazil Grand Prix 2007 from Planting Field Web Log

Home > MotorSports > F-1 Brazil Grand Prix 2007

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top