« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2012 J1 第15節 FC東京 VS セレッソ大阪

2012 J1 第15節 FC東京 VS セレッソ大阪

FC東京2-0ももいろおおさか

 セレッソとは昨年末の天皇杯準決勝以来の対戦となり、リーグ戦では降格した年の悲惨な試合以来の対戦となります。

 前節の何も出来ない敗戦から一週間、今日の試合はなんとしても勝ち点が欲しい試合でした。前半お互い不調のチーム同士の試合だっただけ有り微妙な内容。東京はパスを繋ぎ前戦まで行くがシュートを打てないでボールを失いカウンターを喰らうという展開。しかもそのカウンターで完全に崩され失点という状態の所をセレッソが外す。もしくは権田のセーブで失点を免れるというシーンばかり。お互いにミスが多くチャンスを物に出来ないどうにも閉まらない感じの試合です。しかし後半どうも今日はミスが多く不調だった梶山が結局負傷退場。米本が入り長谷川がトップ下に入る。すると長谷川が右サイドでボールを受けると中に切れ込み左足一閃。見事ゴールに突き刺さり先制。セレッソの守備陣もぽかーんとするような突然の得点に沸き上がる。米本が既にピッチに投入されていることもあり守備は安定してきていた。そんな中・・・何回か見直したがオフサイドっぽく見えたけど動画で確認したらオフサイドではありませんでした。)ルーカスが追加点を入れて2-0。もちろんセレッソの鋭いカウンターに後半も何度も危ないシーンを作られ守備陣も完全に崩され相変わらず危なっかしい、しかし権田がいつものプレーで完全シャットアウトし無失点で勝利となりました。

 もう権田が居なければ3失点位してそうな試合だったし、ミスも多くセレッソも今不調だったからこそ勝ち点をとれたような感じ。前節の試合、中断前のACLとか思い出しても今のチーム状態はそんなに良くは無いのは明らか。怪我人も羽生、石川、太田、平山、梶山とどんどん増えてますが、加賀や草民など戻ってきた選手も居るので期待したいですね。

平山に子供が生まれたのは今日初めて知りました。おめでと〜早くピッチでプレイしている相太が見たいぞ。

Jリーグサッカーキング 2012年 07月号 [雑誌]

出版社:朝日新聞出版( 2012-05-24 )

定価:¥ 802

雑誌 ( ページ )

ISBN-10 :

ISBN-13 : 4910151850729


俺のトーキョー! FC東京ラブストーリー2012 ~世界のTOKYO~

著者/訳者:植田朝日

出版社:朝日新聞出版( 2012-03-30 )

定価:¥ 1,404

単行本 ( 248 ページ )

ISBN-10 : 4021902244

ISBN-13 : 9784021902246



関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info
ソニーストア 送料無料Sony Music Shop

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid2716.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2012 J1 第15節 FC東京 VS セレッソ大阪 from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2012 J1 第15節 FC東京 VS セレッソ大阪

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top