2010 J1 第19節 セレッソ大阪 VS FC東京 Moving Football〜心がバラバラに〜

スポンサーリンク

セレッソ大阪4-1FC東京
 セレッソとアウェーでの戦い。金鳥の夏、日本の夏な感じで真夏の連戦。その連戦はやはり酷かった、開始そうそうにアドリアーノに決められる、その後無駄なファール連発で森重がカード2枚で退場。何とか前半は1失点で凌も後半に入ると早々に失点、更に失点。3失点したところで大竹が意地の一発を素晴らしい個人技で獲る、しかし直後に権田がまさかのトンネルで失点。4-1で完敗惨敗酷い負け方をしました。
 それにしても森重はカードとPKを貰い過ぎではなかろうか?敗戦に直結するポジションだと言うことを認識してほしい。2枚目は仕方ないけど1枚目のカードは不要だった物。・・・・これで何回目だろうか。
 とにかくここ数シーズンの中で、ガーロ監督の時より、原監督の最後の方よりも酷い内容だった気がする。とにかく今期は開幕から迷走しすぎている、メンバーが固定しないで無理に選手を移動させすぎ、自信を持ってそのポジションに望めていない。なんでSBの徳永がボランチ?しかも怪我から開けたら左サイドハーフ。で左サイドバックは本職がMFの松下。でボランチはCBが本職の森重でCBはボランチが本職の今野。しかも1試合の中でころころころころ変える。右だったと思ったら左、前かと思ったら後ろ。色々な選手がポリバレントに色々なポジションを出来るのは確かに素晴らしいけどいじくりこねくり回しすぎではないのだろうか?折角上手く行っているところもいじくって自滅しているようにも見える。ここまで勝てないと正直思い切った策が必要だと感じる。
 思い切った策?何があるだろう、とりあえず選手が一番自信を持っている本職で勝負させてほしいという気持ちもあるけど、今日の試合はムービングフットボール〜心がバラバラに〜という感じでチームが完全にバラバラ、心も折れまくっていた様に感じたのでまずはチームとしてまとまりを取り戻してほしい。試合終盤の無駄なイエローカード連発とか、折角の大竹のゴールを権田のミスで意味の無い物にするとか。相変わらず惨い梶山のリターンパスが強すぎるとか・・・・。とにかく采配が迷走しすぎて選手が自信なくして気持ちがバラバラではこのままでは降格一直線。なんとかなんとかしなければ・・・。

FC東京
スポンサーリンク
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました