第91回天皇杯準決勝 FC東京 VS セレッソ大阪

スポンサーリンク

FC東京1-0ももいろおおさか
天皇杯準決勝相手はセレッソ大阪です。セレッソとは2010 J1 第19節でボロ負けしたとき以来の対戦となります。あれは酷い負けっぷりでした。
 そんなセレッソとの試合、相手には今をときめく清武、元東京のイケメン茂庭、ベンチには東京からレンタル中の大竹もいる強豪チームです。試合開始すると前半予想より東京が試合を支配できる。セレッソはあんまりボールも繋げず結構東京の時間帯が長かった、パスも繋がるし最後シュートまでで攻撃を完結できていて良い時間帯。しかしセレッソよりも多く何度も何度もシュートを打つも相手GKの壁が厚くなかなか割れない。セレッソにも数回チャンスはあったがそんなに危ない場面と言うほどのことは無く前半は拍子抜けするほどだった。
 後半に入ると徐々に東京に疲れが見え始めセレッソにスペースを与えてしまう。セレッソも前半よりかはエンジンがかかったのか結構チャンスを多く作り出す。そんなつかれの見える東京は中盤でボール奪ってもパスミスで繋がらなかったりして中々上手く行かなくなってきた。しかしそんな中でも何とかチャンスを作る、ルーカスの落としを谷澤がドッカンと決め見事J1相手に先制。そしてその後も引き続き繋いで攻めまくるも追加点が取れない。セレッソが攻撃的な選手交代を行ってきたので対応するために東京は残り時間も減ってきたし守備的な布陣にしていく。
 後半ロスタイムパワープレーで一気に攻め立てるセレッソ、そんな時間帯にセットプレーからの播戸選手のプレーでゴールネットが揺れ『やられたか!』と思いましたが物凄いハンドだったので胸をなで下ろしました。そして最後までパワープレー防ぎきっての見事東京の勝利!初の天皇杯決勝進出を決めました!元旦元日決勝の舞台についにたどり着きました!

 \(^O^)/ばんざーい 正月から東京のサッカー見られるぜ。
 そして気になる対戦相手は・・・なんとJ2京都です。史上初のJ2同士の天皇杯決勝と言うことになりました。今シーズン一年間J2で戦ってきたのを見てきたのでJ2舐めんなよ!と言う気分では有り嬉しいのですが・・・日本最高峰のサッカープロリーグが・・・・と残念に思う気持ちもあるので複雑ですね。
 そんな対戦相手の京都は今期2勝していますが、対戦したときよりかなり強い印象です。今期終盤は無敗で良い成績を残していたし全く油断ならない相手です。そもそも東京は京都と試合すると2010までは酷い糞試合になることが多かったくらい個人的にはあんまり相性が良くない相手だとは思って居ます。昨シーズン最終戦京都に負けてJ2落ちの試合も酷いものでしたからね・・・若干心配はありますが、決勝まで着たら負けない東京なのでJ2優勝の勢いそのまんまに天皇杯獲っちゃいましょう!
[tmkm-amazon]B004DD3VEC[/tmkm-amazon]

コメント

タイトルとURLをコピーしました