2009 J1 第21節 FC東京 VS 横浜Fマリノス(観戦)

スポンサーリンク

FC東京0-0横浜FM
 くだらない韓国Kリーグとのオールスターという中断から開けて1発目。前節悲惨な負け方を喫していたのでどうしても勝ち点3をと言う大事な試合なので味スタまで観戦に行ってきました。
 得点源の石川をふくらはぎ痛で、左サイドの長友が盲腸で、中盤の要ゴルゴ梶山が累積警告で出場停止、ブルーノが家族の都合で帰国と来日により調整不足で不動となっていたこの4選手が居ない。控え組の草民、椋原、金沢、茂庭が入りました。
 試合は前半は良いところがほとんど無かった。まぁ守備というか失点はしなかったけれどほとんどが横浜ペース。かなり危ない場面も多く見受けられた上東京側の攻撃は中々シュートまでも持って行けない。これはかなり重傷。後半色々修正が加えられ徐々に攻撃も出来るようになってきたが交代で入ってきた選手との連携もチグハグ。北斗も久々に登場で横浜戦と言うことだけあって期待したけど出場時間が少なくて見せ場もなく、大竹は惜しいところ有ったんだが決めきれず・・・・。鈴木達也は椋原との連携が悪かった。
 結局上手く横浜に抑えられるとパスは回せど最後の決める場面が全くなく残念な試合結果となってしまいました。それにやはり控え組の選手層の薄さがいまいち上位に食い込めない決定的な要因なのは間違いないのでしょうね。やはり優勝争いに食い込んで行くには控え組簿選手層の厚さ、誰が出ても戦力が落ちないというのが絶対条件ですからね、しかし中堅チームでも上位陣を驚かせることは可能。一応今季リーグの嵐の目になりそうでなれない微妙なところですなぁ・・・。

写真

コメント

タイトルとURLをコピーしました