« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2013 J1 第4節 横浜Fマリノス VS FC東京

2013 J1 第4節 横浜Fマリノス VS FC東京

横浜FM3-2FC東京

 先発に忠成を1.5列目に入れ、ボランチにアーリア、左にルーカスと普段とは違うシステムで望んだ今日の試合。結果は悔しい敗戦となった。試合は全体通してどっちが支配しているというような展開では無く、お互いに攻め、守り、つぶし合いでがっぷり組んだ感じ。前半はシュートもお互いに少ないけど数少ないチャンスを何とかモノにしようという展開でした。内容は悪くない、チャンスを先に掴んだのは東京で、左からのセンタリング、相手に当たってこぼれたたまをボレーで今季リーグ初先発の忠成が決めて先制。そのまま東京がリードを守り後半へ、どちらかというと守備重視になってしまった東京に好きが出来たか・・・ファールを犯してしまいイヤな位置で横浜にFK、勿論俊輔が左足を振り抜くのだが、東京の壁に当たり角度が変わって決まってしまう。これで同点、さらにさらに東京の左サイドを崩され失点、逆転を許す。

 ここで先発をはずれていた米本を投入し、普段のシステムに戻す。失点で諦めないのが今の東京の強さなのだが、何とか追いつこうと攻めに転じた東京はまた流れをこちら側に持ってくる、そして千真が決め2-2の同点、やっとおいつき、最低でも勝ち点1だ!そして逆転するぞ!とSめに転じていたはずが、一瞬の隙か?後半ロスタイムにDFラインを崩され3失点目、万事休す。最後に平山、三田を投入するも選手交代の采配が遅すぎた感じは否めず、パワープレーも苦手な東京には流れをこちらに引き戻す事も出来ずそのまま敗戦。実に悔しい敗戦となった。前節セレッソ戦は後味の悪い悔しさ、今節は面白い試合だっただけにまた違う悔しさで、失った勝ち点が悲しすぎる。

 先発に調子の良い忠成を使っう采配だ起っため、守備がおろそかだったのか?ボランチのコンビを高橋米本では無く、アーリア、米本としたからか?以前の代表監督ジーコがよく言ってたのを思い出したが、調子の良いチームを弄るな。そんな言葉が頭をよぎった。しかしナビスコ見ると弄りたくもなる。 しかしなんと言ってもあの時間に追いついたのに、まさか守り切れず失点するとは、東京の左サイドの守備が脆い、2失点は左からやられて居る。これで今季2連敗、セレッソ、マリノスの2節で失った勝ち点6、決して小さくない。

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid10657.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2013 J1 第4節 横浜Fマリノス VS FC東京 from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2013 J1 第4節 横浜Fマリノス VS FC東京

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top