Japan VS Bosnia and Herzegovina (KIRIN Challenge Cup 2008)

スポンサーリンク

日本3-0ボスニアヘルツェゴビナ

日本対ボスニアヘルツェゴビナの親善試合が行われました。ボスニアヘルツェゴビナとは2006.3/1にドイツで対戦した時以来です。

 前回の対戦では2-2の引き分けでしたが、今回は一応3-0で快勝でした。先日の対チリ戦と比べるとチリに比べてプレッシャーが弱かった分日本はスペースもあり比較的ボールを回せていて良い展開は作っては居ましたが、決定力の部分か最後の最後で決めきれないというので結局0-0で前半終了。

 後半に入り選手交代で今野が入りボランチ二枚2列目2〜3枚FW1〜2枚と流動的に変化したことによりかなり良くなったように思います。ただ、相手が随分疲れてきたところで日本の方が比較的運動量の低下が少なかったのもあり時間がたてばたつほど良くなってきたように思いますね。

 良かった選手はやはり結果を残した山瀬。2得点はチャンスが来たらしっかり決めるという部分でかなり良かったですが、前半は何度も決定機ミスしていた感じもあったので、後半に2得点は胸をなで下ろしました。次は今野と大久保、今野はFC東京でも同じですがやはりCBやSBにはいるより本職ボランチのほうが全然良い。今野がボランチにはいることにより啓太だけの1ボランチより前への展開に変化が産まれたのかな?と感じました。大久保も良かったですが、チリ戦のほうが印象には残りましたね。

 さらには中澤の先制点も良い位置にポジショニングしてたし、珍しく足で決めるというのも良いですね。守備面では鈴木啓太の守備はさすがです。

 ただ、今日の試合で怪我人が連続して出てしまいましたが心配です。前半早々巻が脇腹強打で交代したし、後半高原が太もも痛めて交代。来週水曜にはワールドカップ予選タイ戦がすぐ目の前にありますし、今月中旬以降に中国重慶で行われる東アジア選手権も迫ってきていますので心配な怪我にならないことを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました