Serene Bach 3.00β登場。

スポンサーリンク

 このブログやMacブログで、2006年の6月頃から既に1年半ほど利用させていただいているSerene Bachの3.0が開発中でα版が希望者のみに提供されていましたが、現在β版となって一般公開が始まりました。

詳しくは

 beta001は公開してすぐにダウンロードし、試してみようかと思ったらどうやっても無理でInstallできませんでしたが、どうやらバグだったようですぐにbeta002が公開されそちらで試したら無事Installが出来ました。

 今回の3.0になるにあたり今までのSerene Bachからすいぶん変更が施されている模様。

Serene Bach 3.0の主な仕様。

  1. データベース対応:MySQL/SQLite対応、今まで同様のtextデータにも対応
  2. テンプレートエンジンの刷新
  3. 管理画面インタフェースの刷新
  4. 文字コードがUTF-8 版のみ

互換性の問題

  1. SereneBach2.x系との互換性がない。
  2. テンプレート仕様の一部変更。
  3. プラグインの互換性が保証されていない。

 となっているようです。個人的に嬉しいのはやはりMySQL/SQLite対応が一番でかなり待っていました。しかし、テンプレート互換性の問題はテンプレート修正を行えば問題無さそうですが、やはりプラグインの互換性の問題が結構ネックですね。私はその頃利用していませんでしたがsb1.x系〜SereneBach2.x系へのアップの時もプラグイン互換やら無くなりましたからその辺りは仕方ないでしょうか、しかし現在利用しているようなプラグインと同等の物が登場してくれないと個人的には困りますね〜現在使っているプラグインでも配布を終了されてしまったところもありますから。

 実際に試してみましたが 管理画面やら全体的なイメージや使い勝手は今までのSereneBach同様中々使いやすそうですし、インストールも比較的簡単。現在はデータベースの設定がinit.cgiへ記述する仕様のようですが、安定公開版になるとinit.cgiへの記述ではなくあくまで仮という形のようで、Installはもっと簡単になると計画のようです。とりあえず今まで何かしらデータベースを利用するtoolをInstallしたことがある方なら問題ない程度の設定だと思います。

 一点気が着いたのはトラックバックのURL表示がいままでのsb.cgi+記事idナンバーという仕様が変更されていました。今回からはsb3のインストールしたurlの後ろに記事idというだけの簡単な形のURLにんっていたので今までのよりは良いかな?という感じがします。ん?ただ私は.htaccessでTB用cgiへのaccessをUserAgent単位で弾いて居るんだけど、その場合はどうなるんだろう。

 まだβ版になり登場したばかりと言うことでスクリプトエラーが出たり、欲しい機能がなかったりとまだまだバグつぶしやらプラグイン開発やら山積みのようですが、今まで同様使いやすいツールになってくれると思うので期待したいと思います。開発者さん頑張ってくださいね。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました