オリンピック見てきての発見

スポンサーリンク

いやー毎晩熱い戦いがトリノで行われていますけど、中々面白いですなぁ。日本選手のメダルがないって言うのは寂しいけど、良い戦いしてくれていて楽しんでおります。一番惜しかったのは女子500のスピードスケートで岡崎選手が第4位って言うのが一番おしかったかな?

 そういえば、先日スノボハーフパイプのぼろくそな記事書いたけどこんな記事が出ていました。
30年ぶりのメダル無しも現実味=世代交代の谷間、甘すぎた読み〔五輪〕」この記事の中でこんな記述が・・・

スノーボード部長は「米国勢より日本のほうが力を持っている」と、胸を張っていた。HP勢は選手村での生活態度の悪さが目に余ったという。弱い上にだらしないでは、強化費の無駄遣いのそしりは免れまい。

生活態度がだらしないのかい・・・だめだね。この子たち。無駄遣いですか。ま、この記事は厳しいなって思うけど金使って行っているんだからさ、最低限っていうのある訳じゃないですか?全員じゃないんだろうけど一部の人がこんな感じなだけで全部のように書かれてしまうわけですよ。スノボハーフパイプ陣ダメダメでしたなぁ。今井メロ選手は昨年10キロも体重が増えたらしいですね。成長期とはいえ10キロはアスリートとしてどうなんでしょ。腰や膝に負担大なのはあからさまでしたね。あと・・・このラップはどうかと・・・

 それに引き替え、スノーボードの競技で面白かったのは、スノーボードクロス!良いね。激しくて良い!

 他の競技は?色いろみながらblog書こうかと思っていたんですが、いっぱい競技有りすぎて解らなくなっちゃっています。すっかり記憶にない。あーパシュートっていうスピードスケートもありましたね。なかなか面白かったんだけど、いまいちルールが把握できなかった。今後発展していったら良い物になるかもしれないですね。

 そんななか今回のオリンピックで魅了された競技がある。ほんと、タイトル通り発見だ。それはカーリングだ。以前はなんだこの競技?掃除?と若干意味解らない的に見ていたのだが、今回は引きつけられた。意外に奥が深い。相手との駆け引き。コンマ何ミリの微調整。戦略の大事さ。うおー!なんだこの競技は!ってはっきり言って魅せられた。今回の選手陣が良いのかもしれないけど。日本代表が各国代表との対戦している試合を見て、熱くなっている俺が居る。ちょっとやってみたいな。とさえ思えている俺が居る。団体競技の少ない冬季オリンピックで非常に俺の中での重要性が上がった気がした。それに今回の日本代表以外に強いぞ。惜しい試合展開もかなりあるし、強豪と言われているカナダやイギリスを破ったんだから。なんとか上へ行って欲しい。後2戦、スイスとイタリアに勝たないといけないのは厳しい道のりだけど、今回俺をカーリングの魅力に引きつけてくれたので大満足です。頑張れ日本

コメント

タイトルとURLをコピーしました