2013 J1 第7節 FC東京 VS 名古屋グランパス

スポンサーリンク

東京3-1トヨタ
 名古屋戦、第2節以来の勝利となりました。いつものように試合開始から東京ペース、まだ動きが鈍い名古屋相手に積極的に崩しにかかる東京。何度か決定機を作りますがいつものようにチャンスを決められずにいる。すると今節からやっと先発に復帰したケネディにさす顔のヘッドを決められてしまう。自分たちの時間を外しまくって一発のチャンスを決められてしまうといういつもの展開に今日もまたか・・・と誰もが感じる試合展開。そんな中今日の試合はひと味違った、主審である。ファール判定などがかなり微妙でずっと「なんだかなぁ・・・」と感じながら見ていたが、それが前半、東京の決定機阻止する闘莉王のあからさまなハンドが見逃される。口技に詰め寄る東京の選手達、しかし試合は止まらず名古屋は攻めに来る、なんとか危機を防ぐも、勿論判定だから仕方ないが、それでも東京の選手、サポ共にスイッチが入ったのかもしれない。さらに左サイドで倒された太田、その倒されてファールになったことについての「シュミレーションだろ!」との異議。集音マイクが完璧に拾ったことでテレビ中継のをご覧の皆様もスイッチが入ったのかもしれない。後半ロスタイム右サイドから攻め立てる東京に名古屋がペナルティエリアで突破してきた徳永の手とユニを掴み倒してしまうファールを侵しPK、それをルーカスがきっちり決め同点になったところで前半終了。後半に入るとさらに東京が攻め立て今度は森重がペナルティエリアで倒されPK、ルーカスが決め逆転。徐々に足が止まり始める名古屋を今日も外しまくっていた千真がまさかの1番難しいであろうシュートを見事3点目を決めとどめを刺した形。その後も東京ペースで相手も1人退場してしまったことから勝負あり。東京が久し振りの勝利、勝ち点3を獲得しました。
やっと勝てた!イエローカード11枚、決定機ハンド見逃し、帳尻PK等など主役が誰だか解らない難しい試合で荒れる要素だらけの試合を何とか物に出来た。取りあえずホッとしたところ。前節からかなり守備というか相手ボールの時の寄せ、守備意識が改善された点は良かった。しかし寄せが激しくカード貰いすぎたのは判定基準が難しいので判断に困る。

FC東京
スポンサーリンク
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました