Japan VS Chile (KIRIN Challenge Cup 2008)

スポンサーリンク

日本0-0

 今年最初、岡田監督になってからも最初の国際Aマッチが行われました。親善試合でいつものようにKIRIN ChallengeCup 2008です。昨年のエジプト戦以来の試合となります。

 結果はスコアレスドロー。まぁ最初ですから仕方ないでしょうか。まだ出来たてほやほやの代表ですから、色々もどかしい部分がたくさんありました。昨年のエジプト戦が意外に良すぎたためどうしてもねぇ・・・せっかくあそこまで作ってきたチームがまた0になってしまったというのは今更言ってもしかた有りませんが残念です。

 目についたのは連携不足、パスミス、調整不足かな?と感じました。チリもそんなに完成されたチームにはまだなっていませんし、そもそも話によると24才以下だけで組んだ代表のようで、本気のガチンコとはほど遠い試合でした。親善試合ですからそこはしかた有りません。まぁとにかく今の段階で何処がダメとかって言う話もないのですが、取りあえず選手の相性も有るんだろうなと感じましたね。FW陣の相性は今日の試合だと組み合わせ方でこうも変化があるのかと解りやすいくらいに良くわかる途中交代でした。

 そんなわけで動きが良かった選手は1.大久保、2.巻。ただ大久保のシュートチャンスが結構いっぱいあったけど得点とれなかったのは痛いですね。ただ動きはかなり良かった。今後に期待です。後巻も結構ポストに入って良い感じでしたが、往年の鈴木隆行選手のようにファール受けまくりで転びまくりでした。あそこでkeepできたらまた展開できそうですし、巻良い感じです。ファール貰ってもチャンス広がるしその辺もoptionで良いですね。

 しかし、試合内容としてはつまらなくってついつい眠気が襲ってきました。後1試合来週のBosnia and Herzegovina戦しかワールドカップ予選前の試合はないのでかなり厳しいですがなんとか突貫工事でチームをまとめて欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました