2011 J2 第14節 FC東京 VS 愛媛FC

スポンサーリンク

FC東京1-1愛媛FC
 今日の一番の盛り上がりというか主役は東京ドロンパと愛媛の蛙一匹とかんきつ類3個の担架芸というのが正直なところか。前節かなり調子よく躍動してくれた東京は今回また停滞。先制してからの引き分けとなった。
 前半の最初は良かった、草民がまた決めて歓喜。しかしながらそれも前線の選手は相変わらず動きが少ない。足元足元ばかりのところで強引にスペースへ浮き球パスを高橋が送りそれを草民が追いついてボレーが見事決まったのは良かった。その後は内容は全くひどい。少しだけチャンスはあったのかもしれないが最終ラインからのビルドアップがもたもたもたもたしていると思ったら中盤でロスとして奪われ攻撃をくらってばかり。 ちょうどボランチの部分での一番失っていけない場面での失い方が悪すぎる。さらに後半失点した後の選手交代でまたしてもバランスが崩れてしまう。二列目の草民、大竹が下がるとボランチと二列目の間が伸びてしまい結局ワイドでビルドアップしてほしかった選手がボランチの位置まで下がってもらいに来るレベル。すると前に運べないしまた失うし前へ前へへの気持ちが強すぎて強引に突破しようとするもミスは多いし動いてスペース作るとか引き出すようなことはなく全部足元。
 今日よかったのは得点できたというところ、石川が復帰したこと。以上、それ以外はひどい

FC東京
スポンサーリンク
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました