« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2010 J1 第14節 湘南ベルマーレ VS FC東京

2010 J1 第14節 湘南ベルマーレ VS FC東京

湘南ベルマーレ1-3FC東京

 前節悲惨な負けに等しい自滅型の采配で引き分けという結果だった東京。しかし中断前より確実に攻撃陣は機能していると感じた、あとは試合の運び方と終わらせ方さえ間違えなければ勝てる。そう信じて望んだ今日の試合。

 \(^O^)/勝った!怪我で離脱の徳永に変わり森重がボランチ、ヨングンがCBという布陣変更だったが、これが意外に機能していた。さらに新規加入の大黒はやはり素晴らしい、数年前の東京ダービーで当時ヴェルディにいた大黒に決められた時「嫌な選手だな」と感じたのと同時に「やっぱり良い選手だな」とも感じていた。そしてそのいやらしさは前節でも魅せてくれていたが今日も至る所で魅せてくれた。それに決定的となる3点目を決め東京加入後初ゴールは簡単なようであそこでちゃんときっちり得点を獲れるというのは巧さかなと感じた。FWだから当たり前なんだろうけど東京の他のFWであれをGKに弾かれないようにきっちり決める選手は正直居ない。

 大黒の良さは目立った、さらに足を痛めたようで心配されるリカルジーニョが徐々にアシスト数を伸ばしかなりフィットしている。大黒とリカルジーニョがお互いを生かせて生きているというのは実に楽しみな関係ですね。怪我の具合が気になりますが希望の持てる前線の選手楽しみです。そして中心の羽生、やはり前節も昨シーズンも昨々シーズンもよく見た光景だが羽生が交代でピッチから去ると負けるという試合を何度も見てきた。羽生は目立つ試合も地味に裏方に徹している試合もやはり重要だなと感じる、今日は攻守に大活躍だったが本当にバランスを取り速効と遅効と守りとコントロールしている。梶山と大竹の縦の展開力の関係+羽生のバランス取り、重要ですね。

 とにかく今日は前節の失敗をした森重がボランチとして及第点で先制点を獲るという活躍、同じく前節最大の失敗を犯した城福監督のバランスを崩さないような采配、そして攻守に大活躍の羽生の得点、移籍後初ゴールの大黒の3発、で見事1失点はしたが快勝という素晴らしい試合でした。ベルマーレとは初対決だったそうですが、見事初対決を勝利で飾り勝負の夏が始まりましたね!次は水曜日とすぐ試合が来ますが勝ち点3を目指しましょう!


関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:1

qozy 10-07-25 (日) 22:18

ブログ更新!: 2010 J1 第14節 湘南ベルマーレ VS FC東京 http://bit.ly/cl0HES


Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid2226.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2010 J1 第14節 湘南ベルマーレ VS FC東京 from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2010 J1 第14節 湘南ベルマーレ VS FC東京

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top