« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2013 J1 第13節 鹿島アントラーズ VS FC東京

2013 J1 第13節 鹿島アントラーズ VS FC東京

鹿島アントラーズ3-2FC東京

 鹿島国での対戦です。前半開始早々相手のクリアボールを奪った忠成が流し込み先制、その後は攻守にわたり両チーム共に面白い試合、少し共に判定に微妙な違和感を覚えながらも試合を見ていて素直に面白いと言えた好ゲームでした。さらに前半のうちに東京が左サイドから崩していき、千真が素晴らしいシュートをたたき込み2点目。前半を鹿島相手にアウェーで0-2で折り返すという素晴らしい展開!・・・
 しかし後半に入ると東京は自ら崩壊する。後半開始早々に中盤で奪われた上、森重、ヒョンス、徳永のラインが乱れオフサイド失敗し大迫に裏を取られて失点。さらに早い時間の失点か浮き足立つ東京にミスが目立つ。権田のフィードが太田との連携会わずにライン外へ、そこからスローイン、センタリングの流れでダヴィに身体を付けられてマークしてたヒョンスがオウンゴールで同点。まだまだ浮き足立ち全く攻撃の糸口がつかめない東京は忠成に変えて草民投入。しかしこの選手交代が今日の悲劇だった。途中交代で波に乗れていない草民が自陣ペナルティエリアライン付近でボールを貰い、下手に繋ごうとしたため大迫に奪われそのまま失点、なんと途中交代1プレー目でロストして逆転されるという・・・。素直にクリアなり大きく前へける出すなりすれば良い物を・・・・。その後も東京は後手後手、草民も早々に失点に絡み、接触で小笠原が負傷退場してしまったこともメンタルに影響してか、全く良いところの無い草民は途中投入なのに途中交代となってしまうが、今日の出来では仕方ないのかもしれない。最後に投入された林と平山、林は良いシュートを打つも決定力無く決めきれない。平山もポストをやってこなすもシュートチャンスは少なく試合終了。

 いかんともしがたい、せっかく前半で0-2とリードしていたのに後半20分間で3失点。あり得ません。鹿島がすごいのか?というか大迫にはいつもやられて居るので大迫はすごい危険な選手何だけども・・・。それにしても東京が自滅しすぎた後半でした。全失点がミス、中盤奪われてオフサイドトラップミス、連携ミスからのオウンゴール、繋ぐとクリアの判断ミスで失点。 あまりにも酷すぎです。 得点は獲れても失点が多すぎなのはどうにもならないのか?降格したシーズンよりも守備は崩壊している・・・。なんとか再開までには修整して欲しいところです。

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid10685.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2013 J1 第13節 鹿島アントラーズ VS FC東京 from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2013 J1 第13節 鹿島アントラーズ VS FC東京

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top