日本対ホンジュラス

スポンサーリンク

試合を見終わったところです。日本対ホンジュラスの国際親善試合、
なんとも前半から全く予想外の試合展開でしたね。試合開始直後のホンジュラスの2得点はかなり痛かったです。あれは守備のサントスの裏を突破されてのことだったので次回は修正して欲しいのですが、その後の高原のゴールで一点返したけどすぐその後の前半ロスタイムに中田英寿の凡ミスから失点。1-3という何とも風向きの悪い結果でした。後半開始し早々に柳沢のゴールで2-3になったかと思ったらすぐに失点で2-4、こりゃあかんかなぁ?って思ったところで俊輔がPK決めて3-4、お!お!と思っていたところで柳沢がミドル決めて今日2点目!で4-4、その後交代した小笠原が逆転ゴールで5-4、で逃げ切って勝ったのですが、いかんせんものすごい天の取り合いなゲームでしたね。得点力が珍しく凄かったのは良かったのですが守備が大崩壊でしたね。特にサントスはやっぱりダメダメでした。一応ワンアシストと結果は出たんだけどトータルで見るとあんまり動きが良くないですね。反対に今日一番良い動きだったのは中田浩二では無いでしょうか?あの高さからのヘディング、そして中盤後方からの押し上げ、で、ミドルシュート。良い動きでした今日一番でしょう。

そんなわけで取りあえず勝てて良かったですが次戦に向けて守備はなんとか修正してきて欲しいですね。東欧遠征のウクライナ戦なんか特に楽しみです。ラトビア戦も手は抜けないけど注目はウクライナでしょう。今回W杯予選突破も決めたし。なんせあのACミラン所属のウクライナの矢「アンドリューシェフチェンコ」の国ですからね。楽しみです!それに東欧遠征には松井大輔や大久保嘉人などのアテネ世代の海外組も招集されるとのことですからその辺の若手にも期待大ってところですね。残念ながら平山はまだダメでしょう。次回と次々回のW杯に絡んでくるのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました