2013 J1 第34節 FC東京 VS ベガルタ仙台

スポンサーリンク

FC東京2-0ベガルタ仙台
ついに今年もリーグ戦の最終節を迎えた。優勝争い、残留争いに全く関係の無い東京と仙台。消化試合なのはしかたないが、最終戦勝って終わりたい。試合は前半はどちらかといえば仙台ペース、旨くボールをゴール前まで運びチャンスを多く作っている。なんとか0-0で折り返し勝負は後半。そんなこの試合を決めたのは今季を最後に引退するルーカスだ。右サイドアーリアからのクロスを匠にゴール右隅へ流し込み先制、涙を流しながら喜ぶルーカスの姿は忘れられない。さらに攻勢に出る東京はそのルーカスに変わり投入された平山がヘッドで決めて勝負あり。見事最終節を快勝で終えた。
 もう今日はルーカスだね。引退をする選手とは思えない素晴らしい働きを今日もしていたけど、今日の涙、プレーは忘れません。長い間東京、Jリーグに貢献してくれてありがとうしか無い。キングオブ東京アマラオに並び称されるべきすばらしい東京のレジェンドです。オブリガード!
それとネマニャブチチェビッチもポポヴィッチも今季限り、寂しいですね。リーグ戦は順位も中途半端、賞金圏内にも入れず、残念な結果となりましたが、泣くなと右京!まだだ、まだおわらんよ!俺たちには天皇杯が有るじゃ無いか! さぁ!気持ち切り替えてカップを奪い取れ掲げよ東京!
ちなみに今季は広島が優勝、横浜が2位、川崎3位という最終節まで縺れた難しいシーズンでしたね。広島はおめでとう!スタジアム建設まで後・・・

FC東京
スポンサーリンク
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました