2011 J2 第34節 湘南ベルマーレ VS FC東京

スポンサーリンク

湘南ベルマーレ1-2FC東京
 湘南とのアウェーです。ここ3試合中々勝てないいまいち上手く行っていない状況での梶山、高橋が累積警告、徳永が首の怪我、今野が代表でいつものスタメンが4人も居ないという緊急事態です。さらには2位のサガン鳥栖が物凄い勢いで追従してくる状況で気が抜けないJ2優勝争いです。
 今日のスタメンは、1トップにルーコン、2列目に左から草民、ヤザー、ナオ、ボランチに羽生と初スタメン下田、DFラインが左から椋原、久し振りのノース、いつものモリゲ、北斗。GKは権田。ベンチには帰ってきてる高松、セザー、坂田、永里、上里、柳楽、塩田といった総力戦です。
 前半は東京はあんまり上手く行っていない印象。ボランチ部分での組み立て役だった梶山が居ないのでどうも前に急ぐ傾向。パス回しに最終ラインで困ってしまいロングボールに逃げてボールロストという展開もいつもより多かったように思う。どちらかと言えば湘南のほうが東京相手に上手く行っているような状況でスコアレスのまま前半終了。

 後半に入ってもどっちつかずな展開、選手交代で早い時間にセザーを投入してもなかなか得点の匂いもしない。しかし後半27分、権田の長めのゴールキックを谷澤が諦めずに身体を張って左サイドで追いつき、溜めて相手DFをかわしセンタリング、既にゴール前まで走り込んでいたセザーがヘッドでゴール!見事な先制ゴール。しかし先制したのにその2分後、無情にも羽生のプレーが主審によりPKと判断されてしまいそれを決められあっという間に追いつかれる。その後勢いに乗る湘南が東京ゴールに襲いかかるもなんとか防ぐ状況。そんな中、北斗がペナルティエリア付近の右サイド深くでDF2人に囲まれ崩れながらもボールをキープしてかわし抜け出し、さらにペナルティーエリア内で相手選手を2人と合計4人をぎりぎりまで引きつけた状態でややマイナス気味に中央にポジションを取っていたセザーへ浮き球のパス、それをセザーが右足で見事にトラップし左足を反転しながら振り抜くとそれが決まり勝ち越し弾! 素晴らしいセザーの2点目だった。後は何とか防ぎきり4試合ぶりの勝利となりました。
 苦しかったけど何とか得た今日の勝利は昇格争い、J2優勝争いにとってかなり大きかった。それになんと言っても控え組だった選手達がすごい良かった。下田は固い場面やミスもあったけど最後までガッチリやり抜いたし、ノースは高さやフィジカルではほとんど相手選手に勝ってて相手のパワープレーをはじき返しかなり今日の試合で実力の一部見せてくれたと思えた。北斗は今日は右サイドからいいクロスあげたり、決勝点に繋がる最高の突破を魅せてくれたし・・・本当に総力戦と行った今日の試合を物に出来たのはすごい良かった!
 しかし今日の主審のカード基準やファールの基準がいまいち解らなかった、下手したら主審が主役になる試合だったのでちょっと残念。森重や谷澤へのカードはちょっとね・・・。そして次節森重は累積警告でお休み、今野も引き続き代表でお休み。CBが2人居ない状況ですが、昇格が決まるかもしれない大事な一戦です!まだ他のチームの勝敗にも左右される状況ではありますが、普通に勝ちに行きましょう!でも、今野と森重が居ない状況で昇格決定は少し寂しいかなと思う。
 さぁ!今期も後少し、気を抜かないで昇格と優勝物にするぞ!
[tmkm-amazon]B005T5W5G8[/tmkm-amazon]
[tmkm-amazon]478160577X[/tmkm-amazon]

FC東京
スポンサーリンク
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました