2011 J2 第18節 水戸ホーリーホック VS FC東京

スポンサーリンク

水戸ホーリーホック2-3FC東京
 ケーズデンキは行きつけの店でかなり愛用しております。さてそんなケーズデンキがスポンサーの水戸との対戦、水戸のエンブレムは毎回かっっけぇと感じるところです。
 今日の試合は前半は正直水戸の方が全然良かった。東京は攻める形というかその攻めの手法が少なすぎるんじゃない?対して水戸はシンプルに攻めきってくるので怖さ得点の臭いは水戸の方が数段上でした。しかし前半をスコアレスで折り返すと後半は点の取り合いとなりました。森重のまさかのFKがどっかんと決まり先制。続いて左サイドを深く切れ込んだ北斗が倒されPK、そのPKをセザーが渋々譲った梶山が決め2点目。次に水戸の選手を高橋が倒したという微妙な判定でPKを与えるとそのPKを一度は止めた塩田だがこぼれ球を押しこまれ1点を返される。しかし後半途中から投入された石川が梶山からのパスを右サイド裏に抜けながら受け右足一閃!久し振りの軽やかなドッカンナオゴールが決まり3点目。その後塩田が1歩も動けないような素晴らしいファインゴールを水戸に決められ1点差に追いつかれるも、何とか逃げ切り東京が勝利、3連勝となりました。
 何とか3連勝です。試合内容は正直良いとは思えないような感じでしたが、決めるとこをきっちり決めたし、森重のFKやナオの復活ゴールもあり不安定な試合内容ではあった物の収穫も多い試合だったのではないでしょうか?何より柱谷監督率いる水戸もなかなか試合を面白くしてくれたのも良かったです。柱谷さん見るとフッキが居た頃のヴェルディのイメージが強いんですけどね。ただ、水戸は頑張ってくれたのは良いのだけど、この試合は審判に作られてしまったような感じもある。高橋のPKは全然ボールに行ってたし、他にもどっちから見てもおかしいような判定が見受けられたし、ちょっと両チームの力に審判だけがついて行けてない感じ。残念 でも内容は悪かれがっちり勝利し勝ち点3を獲り3連勝したのは事実。暫定だが3位まで上がってきたし固く固くつまらないサッカーでも行きましょう。

FC東京
スポンサーリンク
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました