DVD:屋根裏のエイリアン -感想-

スポンサーリンク

 屋根裏のエイリアン見ました。
 最初から全く期待せずにどうせB級映画だろうなと見ていたのですが、途中から子供たちとエイリアンの対決になってからの面白さは群を抜いていました。キャストの演技も最高、子供たちのそれぞれのキャラクターも際立っているし中でもリッキーが可笑しすぎる。操られているって言うのもあるけど動きがすごい。宇宙人のキャラクターも愛嬌のあるスタイル。
 ストーリーは深いとか言うことは全くないのだが、テンポ良く進むストーリーに本当に家族で楽しんでみられるファミリー映画という感じ。深く考えることもないし、一応真面目に戦ってはいるのだがやはりリッキーが良いアクセント過ぎて心に残る一本です。子供向け映画の色が濃いのは間違い有りませんが、大人も充分楽しめる作品で糞面白く誰にでも勧められる映画です。
そういえばこの映画にはアシュレイ・ティスデイルが出演して話題になったようですね。


個人的評価
★3.5個!(`・ω・´)

データ

  • <ストーリー>
    バカンスを楽しむため、別荘へとやって来た6人の子供たち。アンテナを直そうとトムが屋根裏に登ると、そこには凶暴なエイリアンたちが潜んでいた!! 地球侵略の第一歩として、人間操縦マシーンでトムの姉の彼氏を操り、攻撃を仕掛けてくるエイリアンたち。なんとか逃げきった彼らは、マシーンが子供には効かないことを知り、エイリアンに戦いを挑む決意をする! 果たして、彼らは地球を救うことができるのか!?
  • <キャスト&スタッフ>
    トム…カーター・ジェンキンス(浅沼晋太郎)
    べサニー…アシュレイ・ティスデイル(世戸さおり)
    スチュアート…ケヴィン・ニーロン(星野充昭)
    監督:ジョン・シュルツ
    脚本:マーク・バートン/アダム・F・ゴールドバーグ


[tmkm-amazon]B003QUCXR4[/tmkm-amazon]

コメント

タイトルとURLをコピーしました