« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > ヤマザキナビスコカップ’13 グループB 第2節 鹿島アントラーズ VS FC東京

ヤマザキナビスコカップ’13 グループB 第2節 鹿島アントラーズ VS FC東京

鹿島アントラーズ2-4FC東京

 ナビスコアウェー鹿島戦。リーグ戦からスタメンを大量に若手中心に入れ替えた鹿島。ナビスコ前節から数名を入れ替えた東京。前半は完全に鹿島、東京は良いところがあんまり無く大迫にやられまくった印象。とにかく大迫が危険すぎ。東京のミスでボール奪われ速攻くらい大迫のセンタリングかと思ったらシュートでそれがきまり先制を許す。その後も感Zねんに鹿島ペースで時間は過ぎていく。正直アウェー鹿島は鬼門過ぎるなぁと悲観視始めていたが前半終了間際セットプレー崩れからの徳永のミドル→千真が角度変え同点弾を決めて前半終了。何とか前半で追いついたのが非常に大きかった。
 後半に入ると鹿島は前半終了間際に大迫が負傷していたようで大迫が下がった、さらに東京側も後半から東を投入したことが結果的に巧く廻った。東が上手くボールをさばきだし、リズムが東京に傾くと東→ルーカスで勝ち越し弾!さらに交代で入った左SB太田からのクロスを泥臭くヘッドで忠成が決め1-3!よし!行けると思った矢先にダヴィに巧く決められ2-3とすぐさま1点差に詰め寄られるとすこし鹿島に流れが持って行かれダヴィの怖さをしみじみと感じたが、ついに得点を決めた忠成の動きから堅さがとれチームとの連携も巧く行き出すと、忠成→東と忠成同様に東も移籍後初得点!しかも東の得点は右からの折り返しを軸足の左足インサイドでワンタッチで右隅に流し込むという何というオシャレすぎるシュートで4点目を決め勝負あり。

見事鬼門と言われたアウェーカシマスタジアムでの久し振りの勝利となりました!\(^O^)/ カップ戦だし鹿島もベストメンバーでは無く若手主体だったこともあるけど、苦手意識が芽生えつつあったアウェーカシマスタジアムで勝利したという事実、結果が大きいです。

YouTube Preview Image

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid10655.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ヤマザキナビスコカップ’13 グループB 第2節 鹿島アントラーズ VS FC東京 from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > ヤマザキナビスコカップ’13 グループB 第2節 鹿島アントラーズ VS FC東京

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top