.htaccesseditor

スポンサーリンク

 サーバーに設置し、defaultページ、エラーページ、パスワード保護などを設定する「.htaccess」ですが、これ自分で書くにはちょっとした知識が必要。でも結構有名ですが、これをオンライン上で書いてくれるサービスがあるんです。その名も「.htaccesseditor」です。


生成できる種類は以下の通り

  • ファイル一覧の拒否
  • ベーシック認証
  • エラーページ
  • デフォルトページ
  • WWWあり、無し統一
  • リダイレクト
  • アクセス制限<

出力されたテキストをコピーして.htaccessファイルにペーストし、サーバーにUPすることにより使うことが出来ます。ちなみにマックで.htaccessって名前のファイルを保存するとファインダーで表示されなくなる「不可視ファイル」になるので名前はサーバーにアップしてから変更しましょうね。

しかし、便利なツールですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました