2012 J1 第27節 FC東京 VS ジュビロ磐田

スポンサーリンク
エントリー内リンクはアフィリエイト広告を含みます。
エントリー内リンクはアフィリエイト広告を含みます。

FC東京2-1磐田
 前半ジュビロにやられました。やはり駒野のクロスは脅威となり前半立ち上がりの不安定な時間帯に失点してしまいました。前半はだいたいジュビロペースとなり東京は前線に運ぶのも苦労しシュートも打てない。そんなチャンスも作れないまま前半を終え後半へ。後半開始からブチチェビッチを投入しルーカスとエジミウソンの2トップになると前線に為が出来るようになりチャンスが生まれ始める。左サイドを突破した石川のクロスをブチチェビッチがシュート、GKが弾いたのをエジミウソンが押しこみ同点弾!さらに選手交代で終盤投入された千真が右サイドからグラウンダーのクロス、それをブチチェビッチがドッカンと決め逆転!そのまま逃げ切り見事久し振りの勝利を収めました。
いやぁ勝ち点3を逆転で得られたのは今のチーム状況から見てすごく大きい。なかなかしっかり勝ちきれないチーム、守備が脆いこのチームが逆転で勝てた。上位にいるジュビロから勝ち点3をゲットできた。前半調子の悪かったチームを選手交代が効果的に効いた。前半の不安定さが後半がらりと変わるこのチームのもろさは相変わらずだけど監督、戦術、システム、選手交代のさじ加減でがらりと変わる東京は応援しがいがありますね!さぁ今季も終盤に向かっておりますが、まずは残留を決め賞金圏内とACL圏内目指ししっかり目標を持っていきましょう。

FC東京
スポンサーリンク
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました