第90回天皇杯準決勝 鹿島アントラーズ VS FC東京

スポンサーリンク
エントリー内リンクはアフィリエイト広告を含みます。
エントリー内リンクはアフィリエイト広告を含みます。

鹿島アントラーズ2-1FC東京
 天皇杯準決勝 鹿島アントラーズ戦。
 前半は鹿島が良い感じに攻撃してきていたが、そこをなんとかこらえると東京のターン。所謂良い時間帯にリカルジーニョのふんわりクロスを平山があのでかさでオーバーヘッド!それが見事に決まり先制!素晴らしいプレーの後はしばらく東京の良い時間、前半0-1で折り返すと後半の始めは東京の良い時間が続くが、幾度となく訪れた追加点のチャンスを決めきれないでいると、鹿島が選手交代などでCBとボランチの間のスペースを上手く使い出すと一気に東京が劣勢。そんな状況で大迫に頭で決められ失点。 現在の東京のサッカーは中盤のパスワークは全く期待出来ないので、完全に鹿島が中盤を支配すると、耐えて耐えてなんとかカウンターというのが東京の現状、もう1点を取るのはかなりきつくなってきた。しかしこのまま延長へ・・・。延長前半に米本が警告イエロー2枚で退場になると、守るしかない状況。なんとかなんとか守って延長後半終了間際ラストプレーで失点、終了。

 なんとかドローでPKをと願ったが最後の最後に失点してしまうという悲しい今シーズンのラストとなったわけだが、90分で決められなかったというのも大きいかな? たらればというか不満を言えば、米本のイエロー2枚は厳しすぎるかな?2回ともボールにいけているし、石川へのイエローも感じたが、鹿島られたような気はする。仕方ないけどね。それと選手起用と交代はやっぱり「うーん」となってしまう、後半あの時間帯に大黒投入しても、監督には狙いがあっただろうけど今の東京サッカーじゃ生きないだろうし、リカは相変わらずだし、・・・・と書きたいことは山ほど有る。
 そんなリカルジーニョはレンタル期間終了で退団となるみたいで、今年の頭に大國魂神社で握手した時のことを思い出し寂しくなりますね。さて、今シーズンこれで全部終了してしまいACLの夢も散ってしまいましたが、オフに移籍もACLに出ないこと+降格で色々ありそうで、羽生や松下なんか最近全然使われないのを見ると折角の良い選手なのに・・・と残念に思ってましたが、このオフどうなるのかな、心配です。
 J2降格が決まってしまって3週間くらいたちましたが、来期J2なのかと思うとちょっとテンションは下がっちゃいますし、悔しさを昨日のことのように思い出します。でも今日の終了間際の失点で敗戦しても、降格しても、内容が酷くても、やっぱり東京が好きなのでJ2でも応援するぞぉ〜 でもテレビ中継無さそうだなぁ。スカパー・・・・だなぁ
 Jリーグファンの皆さん。1年間お疲れ様でした! また来シーズンもJリーグを堪能しましょ。

FC東京
スポンサーリンク
シェアする
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました