2009 J1 第5節 FC東京 VS 鹿島アントラーズ

スポンサーリンク

FC東京1-2鹿島アントラーズ
 ACLでお疲れのはずの鹿島戦です。前半15分間で試合は決まってしまった、前半開始早々マルキーニョスのシュートがDFに当たり巧い具合に得点されてしまった。開始早々失点してしまいなんとか立て直せそうかな?と思ったところで鹿島のマスコミから大注目の高卒ルーキー大迫選手がなぜか付いてるのが羽生、その羽生とボーッと見ていた佐原に囲まれつつも羽生転がし佐原はボーッとしたままだがかわしニアにズドン! 試合が決まってしまった一瞬と大迫のすごさを見せつけられてしまった一瞬でした。 東京のDFのもろさももちろんですがね・・・。
 
 その後東京もがんがん攻め右サイドでスローインからのボールを羽生が巧く飛び出してセンタリング、ずーっと存在が消えていた赤嶺が急に出てきてヘディングで1点差。 後半も怒濤のように攻め続け鹿島は連戦の疲れといつもの省エネサッカーでほとんど攻めてこない状態。しかしいくら東京が怒濤のように攻めても鹿島のゴールは開きませんでした。羽生の豪快ミドルも、梶山の惜しいシーンも、あれだけ後半優位に進めてもあと1点が遠すぎた。 切り替えましょう、とりあえず勝ち点を重ねるには昨年も同じだったけど1点じゃダメ、2点3点と追加点を!

FC東京
スポンサーリンク
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました