ヤマザキナビスコカップ’09 FC東京 VS ヴィッセル神戸

スポンサーリンク

FC東京1-0ヴィッセル神戸
 先週水曜に続いてナビスコ2試合目ヴィッセル神戸戦です。第1節柏戦から代表組やその他数名がスタメンチェンジで椋原、大竹をスタメンで起用しました。内容は前半は散々でしたね、あれに数千円も金を出してみるレベルのサッカーじゃないです。サポーターからもシュート撃てと言われるほど前半半分はシュート0最悪です。しかしそんなサポからのコールのおかげかどうかは知らないが徐々に撃ち始める。対する神戸もシュートは撃つがあんまり恐くなくお互いに低レベルな試合を前半は繰り広げてくれました。 後半になると少しずつ東京ペース。右サイドから攻め上がりカボレが落としたところに大竹が巧く左足一閃。見事なシュートで先制し逃げ切りました。何とか勝ちました。

 良かったのは右サイドの椋原選手。昨年は散々でそのまま出場機会が無くなってしまっていましたが今季初出場で今日のパフォーマンス。中々良かったんじゃないでしょうか?積極果敢に攻め上がり、勝負を仕掛ける。良い感じです、しかしクロスが・・・まぁとにかく可愛い顔してアグレッシブに攻めた当たりは良かったと思います。もう一人の若手大竹、前半からほとんど消えていた。守備は相変わらずあんまり良くなくミスも多かったが、今日は2回輝いた。1回目は赤嶺へのスルーパス。惜しくもシュートは得点へと繋がらなかったがスルーパスは素晴らしかった。もう一度が得点シーンだ、素晴らしい左足だったと思う。大竹の攻撃というか個人の技術、キック精度はやっぱり良い物を持っていると感じますねぇ。本当に今後が期待大。しかしやっぱり守備面、連携面、裏方の動きの質、その辺が向上したらレギュラー奪取の日も近づくのでしょうかね。
 とりあえず今日は一勝できて良かったです。しかし神戸の元東京、鈴木則郎選手が後半登場するとブーイングが凄かったですね、ワンプレーごと、則郎選手がボールに触れる、プレーに絡む、全てにブーイング。面白かったがちょっとやり過ぎじゃないか?今シーズンからじゃなくて昨シーズンの話なのにあそこまでのブーイングはしつこいような感じがします。品がない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました