« 7月 2018 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > Tags > W杯予選

W杯予選

スポンサードリンク

2014 W杯 アジア最終予選:Iraq VS Japan

イラク0-1日本

 アウェーイラク戦、すでに本大会出場を決めている日本としたら消化試合。試合会場もイラク情勢不安定のためカタールのドーハと第三国開催。観客も非常に少なくなかなかモチベーション的に難しい。内容も重苦しい感じでなかなか日本らしいところが出せない試合でしたがなんとか試合終盤に岡崎のゴールで先制しそのまま終了。

さて、試合内容的にはそんなに面白くなく、眠たい試合ではありましたが、試合終盤久し振りに東京所属の高橋秀人選手が投入されました。もう少し早めに得点が入っていたら出場時間ももう少し増えていたかな?と思うと少し残念。もう少し秀人にもチャンスがあればなぁ・・・・。

 しかしこのままでは日本はまずい。本大会まで1年だが、コンフェデで何処まで出来るのか・・・・

2014 W杯 アジア最終予選:Japan VS Australia 祝!W杯出場決定

1-1

 アジア最終予選豪州戦、引き分けか負けても同グループ他試合の結果次第でW杯出場が決まる今日の試合。試合開始早々オーストラリアが結構果敢に前からプレスをかけてくる。日本もそれを上手くかわし攻撃に繋げる、徐々に日本のペースになると日本が支配して攻撃、オーストラリアは奪ったらロングボールをケーヒルにあててくる戦略。前後半通してどちらとも良い試合をしていたしなかなか難しいけど面白い試合をしていました。しかしオーストラリアにそれほど決定的に崩されるというシーンは無かったのに、残り時間10分を切っていた時間帯に左サイドからのセンタリングが不運に川島のポジショニングがあえて悪かったわけでも無いけど、手の届かないところにふんわりと入ってしまいオーストラリアが先制してしまう。しかし諦めない日本、後半ロスタイムに相手選手がペナルティエリア内でハンドを侵しPKゲット!なんともアウェーオーストラリア戦と逆の展開になるという何という運命の巡り合わせ。それを本田がど真ん中に蹴り見事決めて1-1に追いついてなんとか引き分けで勝ち点を1獲得。 見事5大会連続のW杯出場権を獲得しました。

Continue reading

2014 W杯 アジア最終予選:Jordan VS Japan

ヨルダン2-1日本

 勝つか引き分けでW杯出場が決まるこの試合、結局敗戦。
前半から作れたチャンスを消極的にシュートを打たずにチャンスを棒に振り、せっかくのシュートも外しまくり決められない。そんな状態が続くとだいたい予想は出来る。前半ロスタイムにセットプレーから失点。後半早い時間に個人技でぶち抜かれさらに失点。2失点してからやっと目が覚めた日本が引いて守るヨルダンに猛攻を仕掛け香川の得点で1点返すと右サイド突破した内田が倒され?PKゲット、それを遠藤が決められず失敗。その後の猛攻も防がれ、時間を上手く使われ試合終了。判定が酷いことは無く、ファールをあまり取らずに試合の流れが止まること無く良い審判だったと思うので、ただ単にガチンコ勝負で負けた試合でした。

全体通して清武のパフォーマンスがあがらなかったかな?前半から3〜4回絶好機にシュートを打たなかったし、ミスも多かった。遠藤も調子悪そうだった。結果的にどうしても本田、長友の不在が言われてしまうのだろうけれど、2人が不在でも勝てない試合では無かったはず。やはり失点のシーンで思ったのが2失点目は完全に一対一で負けた結果。あのスピードは難しいが、一瞬の油断はあったんだと思う。負けてしまったことは仕方ないけど、勿体ない試合を落としました。

さて、W杯出場決定は6月の2連戦までおあずけとなりましたが、それまでしっかり準備をして、ホームでW杯決定の喜びを得ようじゃ有りませんか!6月は高橋が出ますように。昔のW杯予選の時から考えるとそこまで悲観する必要も無いからね。それと・・・サッカーのテレビ中継に呼ばれるゲストは出来たらサッカー大好きな人にして欲しい。たまに代表の時だけプラット来て適当にコメントして終わる人や、海外サッカー偏重傾向の人とかね。

2014 W杯 アジア最終予選:Japan VS Iraq

日本1-0イラク

W杯アジア最終予選の4戦目が行われました。対戦相手は元日本代表監督のジーコ率いるイラクです。ジーコと言えば2006W杯のブラジル戦が日本とのお別れでしたでしょうかね、中田が引退したあの試合でジーコと中田が日本代表から去って行ったのを思い出しました。

 そういえば今日の試合の国歌斉唱での君が代はロンドンオリンピックで何度も聞いた「前奏」が突いてるバージョンの君が代でしたね・・・・俺この前奏バージョンが苦手で何だかスッキリしない。君が代に前奏は必要なのでしょうか?同じ部分を繰り返すだけで意味ありますか?普通の君が代にして欲しい物でが、ロンドンオリンピックに続きW杯予選でもこの前奏繰り返しバージョンを採用していると言うことはこっちが本来の形なの?調べる限り前奏付きは歌い出しが解らない人用に作られた物でいわゆるらくらくホンみたいな物であって本来は前奏無し物が正しい様ですが・・・。戻して欲しいです。

Continue reading

2014 W杯 アジア最終予選:Australia VS Japan

1-1

 W杯アジア最終予選の豪州戦が行われました。

試合開始早々からしばらくはオーストラリア特有のフィジカル重視の縦ポンサッカー。相変わらず日本の弱点を知り尽くしているようで前線に張ったJapanキラーのケーヒルと2列目の選手達に結構良いようにシュート撃たれかなり危ないシーンも多く最初からパワープレーのようなスタイルのオーストラリアに苦戦していました。しかし徐々にパスワークやスピードで日本のスタイルも出せるようになると少しずつチャンスも作れるようになり得点の臭いもお互いに多くなりましたが、お互い決めきれずに前半はスコアレスで折り返しました。

 後半に入るとさらに日本のペースになってきたところで相手選手の千葉所属マークミリガンが2枚目のイエローで退場するとさらに日本ペース。ん数回目のコーナーでショートコーナーから本田がペナルティーエリア内へするするっと侵入し中へ折り返しのパスを入れるとニアの岡崎があわせきれずにそのパスがファーへ流れたと頃に栗原が居て押しこみ先制。一点先制すると日本も試合を落ち着かせ始める。攻めもジックリと焦らずと行ったところでしたが、追加点を取れる時間帯にとれなかったのもあったが徐々に1人少ない豪州にチャンスを作られる。すると相手セットプレーのさなか内田が良く解らないファール判定を喰らいPK、そのPKを決められ1-1。その後もお互いにチャンスを作るも何故か今度は栗原までも2枚目のイエローで退場しお互い1人少ない状態で終盤へ・・・最後のワンプレーか!と思われた日本のFKのチャンスは審判の訳のわからない終了の笛で幻となりそのまま1-1ドローで試合を終えました。

Continue reading

1 / 812345...Last »

Home > Tags > W杯予選

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top