« 7月 2018 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home

Planting Field Web Log

スポンサードリンク

秋冬物を購入

先月後半から今月頭にかけてなんだかちょろっと服を購入。シャツだったりアウターだったり、別に今じゃ無くても良かったけれどなんとなく「お!いいな」と思ってしまい購入。なんとなく青赤チェックのシャツだったりと色も意識していたりしてなかったりラジバンダリ。

それにしても毎回思うが、今の服は肩幅狭すぎだろ!LL買って肩幅ぎりぎりってどないやねんw
他にもユニクロとかでも買ってるけどそれは割愛

買い物リスト

Continue reading

2012 J1 第30節 FC東京 VS コンサドーレ札幌

FC東京5-0コンサドーレ札幌

 すでに降格が決まってしまった昇格同期の札幌が相手です。前半から東京ペース、ルーカスが幾度となく訪れたチャンスを外しまくる間にチャンヒョンスがリーグ初ゴールをヘディングで決めて先制。前半は札幌も残り時間をシステムを少し修正して対応し何とか乗り切っていました。1点リードで前半を終える。後半に入ると東京の得点がガンガン入る。草民、ナオ×2、ネマニャブチチェビッチ。と合計5得点!東京の記録となる1試合5得点を挙げ無失点で完勝。非常に気持ちの良い完勝となりました。

すごく久し振りの勝利で嬉しいのは嬉しいのですが、今日の得点はどちらかというと個人技ばかりでしたね。ヒョンスノゴールはセットプレーからでしたが、草民の得点はこぼれ球から何とか抜け出しての素晴らしい腰の回転があっての得点。ナオの1点目はミスから自ら奪い返して突破してのゴール。ナオ2得点目は森重からの素晴らしいロングパスからナオが抜けて振り抜き得点。ネマニャブチチェビッチは1人で交わして左足一閃のゴール。ほとんど個人技が光った素晴らしい物ばかりでした。あえて言うなら組織で完全に崩して奪ったゴールが無かったですね。・・・そんな贅沢なこと言うほど余裕が有るわけじゃ無いので今日の勝利勝ち点3は非常に素晴らしく大満足ですよ。しかし次節名古屋にはそうそう個人技で突破できはしないでしょうから組織での崩し、しっかりやっていって欲しいですね。でもここのところ全く勝利も出来ずに失点も多かった中、今日の勝利、無失点は選手達の自信と残り試合へのモチベーションになったことでしょう。頑張れ東京!

ワールドサッカーウイニングイレブン2013 - PS3

ワールドサッカーウイニングイレブン2013 - PS3

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 474

カテゴリ:Video Game

発売日:2012-10-04


FIFA 13 ワールドクラス サッカー - PS3

FIFA 13 ワールドクラス サッカー - PS3

中古価格: ¥ 1 より

Amazon価格:¥ 650

カテゴリ:Video Game

発売日:2012-10-18


2012 J1 第29節 セレッソ大阪 VS FC東京

ももいろおおさか1-1FC東京

 下位に低迷しているチーム同士の対戦です。今季初戦は東京が勝利しましたが、シーズン後半になり東京も不調のまま過ごしております。さてどうなることやら・・・

 結局は不調な下位に低迷しているチーム同士と言うことでそれなりでしたが、お互いテンポも速く好ゲームを繰り広げたのでは無いでしょうか?両チームとも攻守にわたり積極的に動いており前半はスコアレスで折り返しました。しかし後半開始早々にセレッソ丸橋のカットインからのシュートが見事東京のゴールに炸裂し失点してしまいます。正直これは丸橋のシュートを誉めるしか無いかな?素晴らしいのを決められてしまいました。しかし時間的にはまだあったのでそれほど焦りは無く、東京も選手交代とシステムチェンジで打開していくことになるのです。チャンヒョンスを投入し3バックに変更、さらにネマニャブチチェビッチを投入し攻撃に厚みをもたらすと自ら奪ってミスから預けて自らチャンスを演出し自ら最後決めたというネマニャブチチェビッチの同点ゴールで追いつきそのままドローとなりました。

Continue reading

Japan VS Brazil 国際親善試合

0-4

 ブラジルとの親善試合。中立国ポーランドでの開催となりました。2006年ドイツワールドカップでの1-4惨敗から早6年以上経過したわけですが、あれから日本がどの程度成長したのか?今の日本の位置を客観的に見られる良いチャンスの試合となりました。

 正直惨敗でしたね、前半開始早々は日本がチャンスを作って良い形で終えたり出来ていましたが、徐々に王国ブラジルの怖さを知ることになりました。ゆっくりボールを持ていたと思ったらあっという間にスピードを上げてシュートまで持って行くこの技術というか個人技というか・・・結局4失点で得点できずに完敗。

 なんというか今日の試合は監督の選手交代や指示で好転させることが出来るレベル以上に相手とは差があったと言う事でしょうか?攻撃のチャンスを作れなかったわけじゃ無いし日本のスタイルも魅せることは出来ていたので決定力の差と簡単に言い切ることも出来ますが、それ以上に何か差を感じましたね。フランスに勝ったとは言え、え?勝っちゃったの?的な勝利だったこともあるし、今日のブラジル戦での完敗も考えると日本はまだまだこれからって感じですね。

 さて、今日の選手交代で途中投入された乾も細貝もあんまり機能しなかったですね。それより2列目の選手のタイプが少し被りすぎてドリブルが得意なパサーとパスが得意なドリブラーだらけになっちゃいまして、中中へ切れ込んでくるタイプばかりでは無くてもう少し完全ウイングタイプなどの縦へ突破してセンタリング上げる選手も組み合わせて欲しいような。そう考えると少しその例えとは違いますが香川、本田、岡崎の並びは理にかなってるのかもしれないですね。乾、香川、清武も良いんですけどちょっと被ってるかな〜?と感じたりします。

 そんなわけで6年前の中田英寿が引退したあの試合から、どこが成長し何処がまだまだなのか。現在の日本の位置が何となく感じ取れる1戦でした。貴重な親善試合での大惨敗。ありがたいことです。

ナビスコカップ2012 準決勝第2戦 清水エスパルス VS FC東京

清水エスパルス3-0FC東京

 ナビスコ準決勝第2戦。相手は清水、初戦では東京が勝利を収め有利な状況での2戦目アウェー清水戦でした。有利な状況で試合にはいったのに終わってみたら3失点で無得点。何というか完敗試合となってしまいました。東京も良い形が随分作れて得点できる可能性もあったと思うのですが、清水から得点を奪う事が出来ずに敗戦です。

 それにしても先週の鹿島戦での5失点に続き今日の試合で3失点。2試合合計で8失点というとんでもないチーム状況ですがポポビッチはどうするのでしょう?立て直せるのでしょうか?GKがごんっだろうが、塩田だろうが、2人とも大量失点。GKだけの責任じゃ有りません。毎試合変わる守備陣の顔ぶれを見る限り監督の迷走降りがうかがえる。

今日の収穫は平山の復帰くらいですね。それにしてもやはり平山のポストは上手いなぁと言う印象です。

Home

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top