2008 J1 第15節 浦和レッズ VS FC東京

スポンサーリンク

浦和レッドダイヤモンズ2-0FC東京
 完敗ですね。何というか田中達也にやられた。だけではないが前半はもう差が出まくった内容で、よく開始早々の一点で済んだ物だと感じる。3点くらい取られてもおかしくない前半でした、惜しかったのは前半ロスタイムの今野のヘッドがポストに弾かれた場面くらいか・・・
 後半はレッズが田中達也を下げてくれて、さらに心配だがポンテが負傷交代。これでレッズが前線でキープできなくなり東京がボールを保てるようになったけど、あんだけレッズの守備重視でゴール前に張り付かれると今の東京の攻撃陣じゃ崩しきれなかったですね。シュート精度もパス精度もやはりレッズの選手とはやや実力差があるのは否めないけど、今日の試合はそれ以上の差を感じてしまった。最後の最後にカウンターで永井に決められ万事休す。(´・ω・`)

 でも本当はもっと出来ると思うし監督采配か、はたまたアウェーの圧迫感か、暑さか、もっとサイドを使って崩していった方が良いとは思うけど、何故か中央突破が多かったようにも感じるし、カボレの調子が大分戦でもそうだけどいまいち良くない。日本の暑さにまだ慣れていないのか?後はエメルソンもかみ合ってなかった。梶山も消えていた。羽生はいつものように走っているがその走り出しを見てないし気がついてない選手も多し。
 うーん、色々書こうと思えば次々出ますが、そんなことよりとにかく久し振りに物凄く悔しい、悔しすぎる敗戦を見た。水曜のナビスコ大分戦の負けより、日曜千葉戦の引き分けより、俺が見た5月名古屋戦の敗戦より何故か物凄く屈辱的な、嫌な負け。嗚呼悔しい。
 そう言えばレッズのGK都築。なんかテレビやサポーター意識しすぎか?平山への突っかかり方とか・・・他の試合でも見るねぇ、今の流行なのかな。暑く行く路線ですね。審判への執拗な抗議も。
 次は鹿島戦。今日地震有ったけど大丈夫かなぁ・・・と心配だけどそんな鹿島戦。続けてガンバ戦。勝って勝って勝ってくれ!
 あ、今日の見所は平山のすっごい「石頭」かな?あんなに激しくぶつかったのに平山は元気。すごい頭です!平山は最近動きが良くかなり調子良いのでそろそろリーグ戦での得点が欲しいけど、次は見られるか!
 これで首位浦和が勝ち点29、東京が勝ち点24のまま。首位と5差。しかし油断していたわけではないが気がついたらヴェルディが今日千葉に勝利し勝ち点20。勝ち点差4しかないや!やばいなぁ。結局終わってみたら毎年の定位置に落ち着きそうな予感がする。そう、10位前後。優勝は狙えず降格も心配なくってな位置に落ち着きそう。

FC東京
スポンサーリンク
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました