競輪場使えない! 立川税務署

スポンサーリンク

立川税務署が国税の申告会場として無償で借りていた市営立川競輪場が今年は貸すことを拒んだらしい、どうやら収益がかなり落ち込んだらしく申告期間中レースを開催して増益したい考えみたいです、そのため国税申告の会場がなくなったとのこと、税務署は急遽民間の空きビルを探しそこを申告会場にするとのこと。駐車スペースも今年は確保できないらしいです!そんなわけで立川周辺申告期間中は大渋滞が予想される?電車で行きましょうね皆さん。昨年の「立川競輪場」から旧 山梨中央銀行立川支店(大盛屋ビル)への変更です皆さん間違えないように!

競輪場使えぬ 立川税務署真っ青
毎年春、立川税務署が国税の申告会場として無償で借りていた立川市中心部にある市営立川競輪場が、今年は使えないことになった。競輪収益の落ち込みから、同市公営競技事業部が申告期間中もレースを開催するために提供を断った。税務署側は近くの空きビルを借りて場所を確保する予定だが、こちらは手狭で駐車場もない。申告者約3万人をどうさばくか、頭を抱えている。

 同市高松町2丁目の同税務署と曙町3丁目の競輪場は約200メートルしか離れていない。税務署側が市に申告会場として借用を求め、十数年間使用してきた。

 申告期間中は、レースは開催されず、税務署は特別観覧席などスタンドを申告会場に、広さ約4万2千平方メートルの場内を駐車場に、とフル活用していた。

 市公営競技事業部も「役所同士のつきあいだから」と特に契約もせず、期間中の光熱費など実費分を税務署が負担するだけで使わせていた。
[記事全文を読む/asahi.com]

関連リンク:税務署からの案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました