« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > J-League | TV/演劇 | ワールドサッカー > Manchester United VS Gamba Osaka FIFA CWC 2008 S-finals

Manchester United VS Gamba Osaka FIFA CWC 2008 S-finals

Manchester_U035-3ガンバ大阪

 さぁ、ガンバサポや日テレ関係者、海外サッカー大好きな人にはメインイベントの試合。しかしなんでアジア代表が2年連続欧州代表とあたるような組み合わせなのかしら?商業的にはその方がいいのかもしれないけど、勝てる可能性、優勝する可能性を模索して欲しかった。アフリカ代表北中米代表と準々決勝であたってほしいものです。

 さて今日の試合。なかなか面白かったけど・・・5-3という合計8得点の試合。だいたいサッカーの試合で大量得点が入るというのはおおざっぱな試合になってしまいますね。結局今回の試合もおおざっぱな内容。少し残念でした、しかしながらマンチェスターユナイテッドの攻撃陣は時差ぼけと言っていたけど瞬間瞬間の完成度、怖さ、すごいです。クリスチアーノロナウドといいルーニーといい、テベスも、スコールズも。ファーデナンドも、みんなすごいわ。これで時差ぼけありえませんね。特にガンバが一点マンチェスターの一瞬の隙というか穴があいた瞬間にいいパス。そして一点返した。このシュートは良かったぁ。がその直後のルーニー・・・仕事が的確で早かったです。トラップからシュートへの動き、いくらガンバのセンターバックが穴でもチンチンにやられちゃいましたからねぇ脱帽ですよ。

 それにしても攻撃的にいった両者。さすがにマンチェスター相手に打ち合いを演じたら面白い試合にはなるけど勝てません。守備崩壊しても守備捨ててもいいや!っていう感じだったのが残念だった。攻撃の最後、遠藤がPKや3点目のミドルも爽快な感じでイケイケどんどんだったけど、親善試合じゃないんだしもう少し中盤守備やってほしかった。守備的にいかなかった分3得点できたわけだけどその代わりに5失点。結果だけみたらいい勝負かもしれないが、内容は昨年のミラン対浦和戦同様に内容は大差でした。真剣に勝ちにいく試合ができるようになればJリーグもレベルアップするんだろうけどね。

 と、まぁ偉そうに書きましたが、結構面白い試合でした。数分間でのマンチェスターの怒濤の得点。その後の切れたガンバが猛反撃。打ち合って打ち合って。いやぁ面白かった。ガンバ大阪お疲れさん!グッジョブ。

 あと、非常に気になったのが明石家さんま。なんでサッカー番組だと登場するのでしょうか?必要?UEFACLやユーロはまぁいいけど。日本代表の試合もJリーグに試合も何にも興味もっていないタレントさんは呼ばなくていいのでは? 昨年は女性SM風タレントがミランの選手に暴言はきまくってたし。もう少し日テレのサッカー中継は考えてほしいですな。


関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info
サッカーショップ加茂ホームセンターのコメリ・ドットコム

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid1209.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
Manchester United VS Gamba Osaka FIFA CWC 2008 S-finals from Planting Field Web Log

Home > J-League | TV/演劇 | ワールドサッカー > Manchester United VS Gamba Osaka FIFA CWC 2008 S-finals

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top