« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2013 J1 第11節 湘南ベルマーレ VS FC東京

2013 J1 第11節 湘南ベルマーレ VS FC東京

湘南ベルマーレ3-2FC東京

 降格圏でまだ今期一勝の湘南が相手、なんとか勝ち点はGetしておきたいところ。雨でピッチ状態は良くなかったが・・・。
前半完全に湘南ペース、奪ってから縦へのスピード感のある湘南の攻撃に東京は判断も遅く後手に回る印象。そんななか守備の間を突かれ湘南が先制。その後も湘南に何度もチャンスを作られ、東京の反撃はする物の正直あまり東京の時間と言うようには感じられない、あまりにも微妙だったので前半途中から高橋をリベロに下げ両SBを上げてWBに、ボランチにアーリアを下げて少しづつ何とか形が見えたかな?と言う感じの前半だった。そのまま1点ビハインドで折り返す。

 後半も同じメンバーで3バックシステムで望むとセットプレーで太田のFKがそのままするするっと抜けてきまり同点弾。さらに東京が右からボールを繋ぎペナルティエリア外側で受けた千真が左足で巻いて技ありシュートで逆転!これは勝ち試合!なんて思っていた時期が私にもありました。 いつものように東京が良い時間帯、ボール回しで縦パスへのタイミングを探っているとき、これも良く見る光景だったが、センター高橋の所でパスへの迷いが見られる。そこをずっと相手は狙っていた上に運悪くピッチに足を取られてすべってしまい、そのまま奪われ失点、そこを狙われていたので完全にミスでの失点である。追いつかれた東京は選手交代で何とかチャンスを作り、もう一度勝ち越そうと思って居た矢先・・・今度は同じく中央でアーリアが身体を後ろ向きで受けていたところをまたしても狙われボールを奪われる、少し上がり目の位置までパスを貰いに行っていた高橋が追いかけスライディングするも無情にもあっさり決められ3失点目。勝負あり。

 1失点は完全に崩されたというか、相手に突破を許し決められてしまった失点だったが・・・せっかく2得点し逆転したのにも関わらずミスで失った2失点が正直大きすぎる。勝ち点3を逃してしまった・・・。磐田、湘南と降格圏に居る2チーム相手に2試合で5失点、勝ち点1、これは優勝やACLを目指す段階で無いことをありがたく教えてくれた気がする。まずは今のチームの立ち位置を考えしっかり守備の立て直しを行って欲しい。今季無失点試合何試合?失点が多すぎる。得点は何故か獲れているけど失点多すぎではどうにもならない。

 ミス個人を攻めても仕方ないが、一晩泣いて腫らして切り替えて欲しいとも想う一方、少しここ数節迷いや判断の遅さ、ミスが多く目に付いていたのも事実。なにか対策を取る時期では無いかしら?スタメン、ポジション、システムも含めなんか変化が必要かもしれないですね。 

Jリーグサッカーキング 2013年 06月号 [雑誌]

出版社:朝日新聞出版( 2013-04-24 )

定価:¥ 802

雑誌 ( ページ )

ISBN-10 :

ISBN-13 : 4910151850637



関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid10680.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2013 J1 第11節 湘南ベルマーレ VS FC東京 from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2013 J1 第11節 湘南ベルマーレ VS FC東京

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top