Bahrain VS Japan (アジア最終予選)

スポンサーリンク

バーレーン 2-3 日本
 W杯の最終予選が始まりました、そんなわけで日本も初戦バーレーン戦を戦ったわけですが、2010年W杯の予選で既に3度目の対戦ですけどなんとか勝った感じです。
 後半40分まで俊輔のFK、鬼太郎、いや遠藤のPKとセットプレーの2得点+ケンゴのミドルで3-0と完勝ペース出来ていたのに、選手交代が仇となったいい例の試合だったなぁ、選手交代で巧くいったケンゴの3点目。これが決勝点だったわけで、これなかったら最悪でしたからケンゴ投入までは良かった。しかし守備が崩壊しちゃってましたね、守備連携が・・・疲れもあるんだろうけど、今野の使われ方が勿体ないんだよなぁ、岡田監督は守備強化という観点で長谷部と変えて入れたんだろうけど今野は途中から入って何かするって言うタイプじゃないような気もする。1失点目のあそこはねぇ・・・。あと2失点目の闘莉王も疲れで判断鈍りすぎだし、オウンゴールとは痛すぎた。しかし彼のヘッドによる決定力は相変わらずだなぁとも感じたけど。
 まぁ何はともあれ誰が悪いとか言うより日本はドイツワールドカップのオーストラリア戦時と弱点同じ。パワープレー、前へ前へとガンガン突っかかられてくると慌てすぎ。バタバタしすぎでミスだらけ。守備連携ミスからの1失点目と、バックパスがオウンゴールという闘莉王と楢崎の連携ミス。もうちょっと落ち着いてほしかったですね。3-0の完勝のはずが3-2の辛勝になっちゃった。日本の弱点でかいなこれは。
たしかにJリーグの試合でここまで真剣というか徹底的にぶち込んでくる試合展開ってあんまり見ないし、DFラインや中盤の選手も慣れてない対応を迫られているのかな。

バーレーン

[googlemap lat=”25.930414″ lng=”50.637772″ width=”600px” height=”300px” zoom=”10″ type=”G_HYBRID_MAP”]バーレーン[/googlemap]

Amazon商品リンクショートコード内にASINが入力されていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました