2009 J1 第23節 鹿島アントラーズ VS FC東京

スポンサーリンク

鹿島アントラーズ3-1FC東京
 連戦最後は現在首位独走中の鹿島とアウェーでの一戦でした。前節負け、その前は引き分けとここ連続して勝てていないのでなんとか強豪とは言え良い試合をしてくれたらと思っていたのですが、蓋を開けたら試合開始4分でほとんど流れは決まってしまいましたね。左サイドを上手く崩されすこし運もなかったけど簡単に失点。さらに鹿島GK曽ヶ端からのロングフィードを一本マルキーニョスに通されブルーノがあっさり競り負けGK権田の頭上をループで通し2点目。ここで決まってしまいました。この2失点目は完全なGKとDFラインとのミスか、この2失点共に防げたで有ろう失点なだけに前半でのこの失点はかなり勿体ないし残念な結果となってしまいました。その後前半はリスクを侵してまで攻め上がらない鹿島が上手くパス回し、何となく遊ばれている感がしつつ終了。平山のミドルがポスト直撃と凄いのがあったりとチャンスもなんとか作りはしていた物の、結局決めきれず・・・
 後半に入りなんとか真ん中、サイドと攻めようとしても鹿島の方があらゆる麺で技術、精度、色々上回っていましたね。攻めてくる東京から中盤でボール奪いまくるし最終的には大迫にまたしても失点し3失点。最後の最後に最近ずーっと外し続けているカボレが珍しく決めて3-1にはなったけどそこまで・・・・なんだか非常に残念で悔しくないくらい、もっと東京は出来るチームだと思うのだが今日のような試合は散々すぎる。悲しいですな。これで六試合勝ち無し。

FC東京
スポンサーリンク
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました