« 7月 2018 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > Tags > F1-GRANDPRIX

F1-GRANDPRIX

スポンサードリンク

F-1 Australia Grand Prix 2009

 F1サーカスが今年も開幕しました。開幕戦オーストラリアは毎年のように波乱が起こる場所。今年も例外なく波乱でしたねぇ・・・・・まさかまさかの

ブラウンGPが予選フロントロー独占→決勝1.2フィニッシュ。
なにこれ!びっくりよ。好きなドライバーのジェイソンバトンが久し振りに優勝したのは感激だし嬉しいのだが・・・・昨期までのホンダ。ホンダがずっとF1でチャンピオンをと頑張って昨期早々に新車開発を手がけ今年にかけていたはず・・・・しかし昨今のどん底景気のおかげでF1撤退したが、その車体が・・・そのチームから生まれ変わった、立ち上がったばっかりのブラウンGPが。。。優勝は素直に嬉しいし賞賛するがホンダファンだった私としては複雑だなぁ。もちろんホンダの方の方が複雑だろうけど、中々上手く行かない物ですね。

レギュレーションの大幅変更
 今期からレギュレーション(ルール)が大幅に変更され車体のデザインがずいぶん変わりましたね。ここのところずーっとリアウイングが大きく車体は横長だったのですが、今期蓋を開けて吃驚。リアウイングの小型化、フロントウイングの大型化。なんか70年代後半〜80年代のF1ぽい雰囲気に似ていますね。あと細かなルールも結構変わっているし、今年も波乱が多そうです。

Continue reading

F-1 Brazil Grand Prix 2008

 いやぁ・・・すごいレースで参っちゃいました。雨で戸惑わされ続けあたふたした展開のレース。判断がほんとうに分かれ道の非常に運試し的なのも見受けられるレースでしたね。

 それにしてもハミルトンが5位以内にはいればチャンピオン決定という話でしたからほぼ決まりだなぁと・・しかし試合内容はマッサが優勝。ハミルトンは数周前に6位に落ちマッサが優勝したから逆転ブラジル人チャンピオン誕生か!と最後の最後まで「すげーすげー」なんて思っていたらファイナルラップのしかも最終コーナーででハミルトンが5位に・・・おおおおお!何だこのレース。マジで予測不能な弾けたレースでした。

 ハミルトン、史上最年少チャンピオンの誕生です!昨シーズン1ポイントで泣き今シーズン1ポイントの大事さを知り自ら5位を勝ち取ったと・・・いやぁすごかった。

Continue reading

F-1 Japan Grand Prix 2008 FUJI

F1日本GPが富士スピードウェイであった。まさかの展開でアロンソが日本でも優勝するとは・・・前戦のナイトレースでの優勝も久し振りだったわけで、誰もがアロンソが来るとは予想出来ずに。いやぁ益々面白くなってくるチャンピオンシップ争いです!中嶋はスタート早々の勿体ないもらい事故の影響が大きく、せっかくの初日本GPを何とか完走で終えるのが精一杯。残念です。

順位(入賞)

  1. F.アロンソ 1:30’21.892
  2. R.クビサ 1:30’27.175
  3. K.ライコネン 1:30’28.292
  4. N.ピケJr. 1:30’42.462
  5. J.トゥルーリ 1:30’45.659
  6. S.ベッテル 1:31’01.099
  7. F.マッサ 1:31’08.050
  8. M.ウェーバー 1:31’12.703

 そう言えば来年は久し振りの鈴鹿サーキットでの開催ですのでこちらもまた楽しみです、F1日本GPと言えば鈴鹿という印象が強いですからね。今年は散々なホンダには鈴鹿では頑張って貰いたいです。

Continue reading

F-1 Grand Prix 2008 in AUSTRALIA

 今シーズンもついに開幕しました。早い物でもう三月です。

 今シーズンからは中嶋悟の息子、中嶋一貴がついにレギュラードライバーとしてウイリアムズから参戦することになって日本人二人体勢。日本勢としてはホンダ、トヨタ、スーパーアグリ、琢磨、一貴とブリジストン。今年も日本色多いですね。

 それにしても蓋を開けたら開幕戦は荒れまくりでした。クラッシュするし、単独事故するし飛ぶは跳ねるは暴れるはと波乱に満ちてました。結局完走したらポイントゲットという完走台数の極端に少ないレースでしたし、ペースカーが3回も入るから本当に波乱だらけ。

 波乱だらけのレースだったけど、中嶋が唯一完走してくれたのは良かったかな?他の日本勢は散々でしたから、取りあえずの救い。
*中嶋一貴は6位入賞したが、ペースカー導入されている周回でR.クビサに後ろから接触(おかまを掘る)を引き起こしたことが処分の対象となり次戦は10グリッド降格処分が下されています。

 いやぁでもまた今シーズンもF1の季節が始まり、秋までの長いF1サーカスですが、みんな頑張って欲しいですね。楽しみです。今年はどの様なバトルや展開が待っているのかと思うと楽しみですよ。
1992年モナコGPでのセナ対マンセルのような凄まじいバトルが見たいなぁと思いつつ、次戦を楽しみに・・・。(そのバトルの動画 12、)

最終順位

ペナルティなどあって最終的に確定した順位は以下の通り。

  1. L.ハミルトン
  2. N.ハイドフェルド
  3. N.ロズベルグ
  4. F.アロンソ
  5. H.コバライネン
  6. 中嶋一貴
  7. S.ブルデー
  8. K.ライッコネン

F-1 Brazil Grand Prix 2007

 F1GP今季最終戦BrazilGPが行われました。これで今シーズンは終わりです。

 今年のF1は久し振りに最高に盛り上がり面白いシーズンだった。まさかアロンソがここまで苦戦し、ルーキーのハミルトンが王者最有力になっているとは・・・しかも不運のレーサーライコネンも確実にポイント獲得し続けて実力は証明済みですし・・・

 それで日本GPと中国GPであれよあれよという間に三者のポイントが一気に縮んでしまい、最終戦のBrazilだったわけです。

Continue reading

1 / 512345

Home > Tags > F1-GRANDPRIX

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top