« 7月 2018 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Home > Tags > 南米サッカー

南米サッカー

スポンサードリンク

Japan VS Argentina Kirin Challenge Cup 2010

日本1-0アルゼンチン

アルゼンチン代表 いつ以来だろうか、久し振りのアルゼンチン戦、しかも今回はメッシ、テベス、イグアインと名前だけで失点しそうな他の選手もほぼベストメンバーのアルゼンチン。対する日本はザッケローニ新監督の初采配試合。日本は何か監督が替わる当たりにアルゼンチン戦をやるのかな。そんな日本代表の再始動+スーパースター軍団との対戦ということでかなり注目した試合・・・

 日本が勝っちゃった。\(^O^)/

 一瞬隙を見せると一気に加速してくるアルゼンチンは以前に対戦した時も感じた印象でしたが、今回も「ここぞ」という時のスイッチの入れ方はやはり恐かった。メッシが持つとチャンスに繋がっているし守備陣は一瞬たりとも気を抜けない雰囲気でしたね。しかし日本代表の守備は集中していた。試合開始早々の栗原の恐ろしいミスにはガックリしたがその後は全選手が集中して守っていた。この守備の集中力はワールドカップの時にも感じたけど今の日本代表の集中力は凄いな。絶対的な中心エースが存在しないからか非常に選手がまとまっていて集中力が感じられるので頼もしく感じる。そんな集中力で僅かな時間しか練習連携を確認できていないザッケローニジャパンの守備陣形を上手く補完していたのか、危ない場面もあったがなんともアルゼンチン相手に歴史的無失点というのは物凄いことなんじゃないかと感じる。

 攻撃陣は数少ないチャンスを物にした。何度もないチャンスだったがマイボールになると前へ前へという意識が凄く見えた。下手に組み立て直すとか逃げの横パスとかが凄く減っていて奪ったら攻撃というシンプルな選択肢がマイボール時の第1候補の選択肢となっているのが見ていて楽しいしたのもしく感じた。サイドからだけじゃなく中央からもミドルも狙えたしアルゼンチン相手に長谷部のシュートのこぼれ球を岡崎が押し込んだゴールを最後まで守りきったのはとんでも無いことだと思う。よく勝った!

 ただ、アルゼンチンはベストメンバーだったけどやっぱりコンディションは良く無さそうだった。わざわざ極東の国まで来て怪我しちゃったし、時差ボケもあるし動きもいつもの「凄い!」っていうのが少なく重たく感じたのはしょうがないのかな。でも今までもそんなメンバー落ちやコンディション不良のアルゼンチンにでさえ完敗、惨敗してきたことを考えるとやっぱり親善試合でも初勝利というのは素晴らしいことだ。しかし今日のテレビ中継は開始時間が4分押したことで後半ロスタイムが1分と中継時間に治めるために貴重なロスタイムが削られたのではないかという中継の仕方だったのが少し残念かな?数分なら延長してくれても良いだろうに。

 まぁとにかくザッケローニ新監督が初采配初勝利が大金星というのは何か「持っている」のかもしれないですね。移籍した手の選手が得点しまくってサポーターの心をがっしり掴むように、新監督も勝ち星でガッツリ日本人の心をこれから掴んでくれるのか。まだ初戦を勝利しただけなので何とも言えないがとりあえずは期待していけるんだと感じた。がんばれケロジャパン!

FC東京 VS リガ・デ・キト スルガ銀行チャンピオンシップ2010 TOKYO

FC東京2-2(PK4-3)LDUキト

 Jリーグカップ(ナビスコカップ)王者のFC東京 対 コパ・スダメリカーナ(日産カップ)王者のリガデキト(LDUキト)の対戦だが、どう考えてもコパ・スダメリカーナの方がカップ戦としては規模も価値も大きいんだけどなんで日本国内のナビスコ王者と南米全部の中の王者がと考えるのは辞めて素直に試合を楽しんだ。

 チームのレベルも歴史も強さも段違いのはずの相手、しかしながら1年のうち一番暑い時期の日本へ真冬の南米から来ていきなり試合じゃコンディションもありゃしませんね、しかし本気モードのリガデキトはそれでもがっちり来てくれたのはよくある代表戦の親善試合とは違うところ、こんな経験はACLとかに参加できない東京としてはありがたいおかもしれないですね、間近に感じられて経験できる国際舞台は価値ありますね。

 さて、試合内容は前半から結構東京が良い形をずっと作っていた、もちろん会場も国立だしホームスタジアムの1つな訳だから東京がその分有利なのは間違いなかったけど、それでもチャンスは作るが得点できないいつものペース、そんな時前半相手は一発で決めてくる。今野がディフェンスでついていてもあっさりシュートコースを作り一発ドッカン!見事の先制されたがあれは南米のこの力というのをよく感じられるシーンだった、決定力のすごさに脱帽。しかしその後東京もまさかのシーンを目撃する、今日久し振りに先発しかもボランチでの出場となった田邊草民のすばらしいミドルレンジからの無回転ドライブシュートが勢いよく相手ゴールへ、GKがキャッチできず弾いてこぼすと今日言い動きの平山が詰めて追いつき同点。その後も結構東京ペースだが後半相手が南米らしさというか巧みな体の使い方でPKを獲られるとあっさり決められて2失点目を喫し勝ち越される。その後は疲れが目に見えてきたリガデキトが守備的になってくると東京は頑張って崩す、何度か良い形を作るもなかなか決められないまま後半ロスタイムへ・・・・もうだめかな?と思ったら後ろからのロングパスを今日素晴らしく良い動きをし続けていた平山が競って相手DFのミスを誘いそこへ大黒が走り込んでダイレクトにアウトサイドでポン!ゴール左隅へ上手い具合に入り同点!そのまま90分+4分が終了・・・そしてPK戦へ

 PK戦、最初に蹴るのはリガデキト、最初のキッカーは試合中にPKをけり決められた選手、そして二度目のキックは権田が見事防いだ、その後東京は4人が決め1人が外したがリガデキトは1人権田が防ぎ1人が枠外へ外し「東京4-3キト」となり東京がついに国際タイトルを初獲得しました。たった1戦とはいえ国際タイトルを初めて獲ったと言うのは嬉しい限りですね。とりあえず今期開幕前に掲げた「必ずタイトルを1個獲る」と言う目標を取りあえず達成しました(笑)。

コパ・スルガバンク   FC東京×LDUキト(エクアドル) フル動画

  • カーソルを1時間30分後にあわせてそこから放送開始 :http://ja.justin.tv/b/awaras129/b/267813199
  • つづき:http://ja.justin.tv/b/awaras129/b/267816319

AC Milan VS Boca Juniors Coppa del Mondo per club FIFA 2007

ACミラン4-2ボカジュニアース

FIFA クラブワールドカップ 2007(伊:Coppa del Mondo per club FIFA 2007 / 英:FIFA Club World Cup 2007)
決勝、ACミラン対ボカジュニアーズが行われました!

MILAN: E’ PRIMATO MONDIALE!(ミランが世界一!)

 やったやったやったやった!勝った!ミランが勝った!本気で嬉しい!もちろん昨シーズンのUEFACLを優勝したときも嬉しかったが今日の決勝も最高に嬉しいし素晴らしい試合だった。ここ最近のトヨタカップを含めかなり面白い試合だったんじゃないかと思う。前回ミランがボカと戦ったときは時差ボケだらけのよぼよぼミランだったですからね。さすが今回はこの大会にかけて一週間前から来日し時差ボケも快勝し完全に決勝に体を合わせてきたというのは本当に素晴らしいしクラブとしての戦略がもう最高だったと思う。なんといってもセリエAの日程変えてまで早めに来日し準備万端だったわけですからさすがです。セパハンがインフルエンザだらけになってしまったのとは本当に正反対でロナウド以外は完璧でした。

Continue reading

Etoile du Sahel VS bocajuniors FIFA Club World Cup2007

e-Sahel.gif0-1ボカジュニアース

 エトワール・サヘル対ボカジュニアーズが行われました。結果はボカが逃げ切った感じです。感想としては実際の実力の差だったのかな?はっきり言って今日のボカは全然良くなかったですね。だいたいこの大会で南米代表で来るチームは1試合目はそんなによくないですから、現在真夏の南米から真冬の日本へ来て調整も難しいのでしょうか。堅いイメージですね、今日のボカは。

 しかし、それでも必死に金星狙うサヘルを上手くかわしてかわして隙をついてズドン!これはさすがでしたね、良い連携による得点でした。しかし一人退場になっちゃうとは・・でも、10人になっても11人の時と変わらず展開できていたところを見ると、さすがだなぁと感じますね。ボカは二試合目に照準を合わせていることでしょうから決勝でのボカは注目です。

 サヘルは頑張ってました。ちょっと応援しちゃいましたが、本気で勝ってやろうという気迫があったし、負けて泣いてた選手を見ると本気でこの試合にかけてきていたんだなと言うのが伝わりました。それにしてもサヘルのサッカーはやっぱりアフリカっぽく無いですね。どことなくフランスぽいかな?と感じますね。エジプトとかは中東ぽいけどチュニジアはまた違うんですね、もっとアフリカでもアフリカです!っていうようなサッカーをやるような所もあるし、アフリカでも色々ですね、もっと今後色々な国からこの大会に出てきてくれるとまた新たな楽しみも増えて期待出来ますね。

 これで決勝はボカ、3位決定戦にはサヘルが行くことになりました。

Continue reading

Home > Tags > 南米サッカー

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top