« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2012 J1 第10節 アルビレックス新潟 VS FC東京

2012 J1 第10節 アルビレックス新潟 VS FC東京

アルビレックス新潟0-2FC東京

 リーグ戦3連敗、ACLで勝利という状況での新潟戦です。正直リーグ戦での最近の出来はあんまり良いとは言えず今日の新潟戦がかなり重要な位置づけなのは間違い有りません。対する新潟も好調という状況では無いようでお互い負けられない一戦という所。

 試合は前半から引いて守る新潟それオを崩そうとする東京。攻撃が失敗し新潟に奪われカウンター。それを何とか防ぎまた焦れずに崩して行こうという東京。この流れが続く感じでした。前半はどちらにも決定機はあったがお互い得点力に乏しいのは解っているので決めきれない・・・。しかし後半に入ると流れが変わる。右サイドから椋原がセンタリングを上げ梶山が決め先制。すると引いて守っていた新潟が徐々に前から来るようになり試合が動き出す。さらにロングスローの競り合いからのこぼれ球を谷澤が決め2点目を奪う。さらに攻撃に比重を置き前からプレッシャーをかけてくる新潟を上手くいなして守りきり見事勝利を収めました。

 それにしても今日のマンオブザマッチは今日初先発の椋原でしょう!今日は絶好調で前後左右にかなりの運動量で動きまくっていました。かなりの元気印!そして椋原は昨シーズンもだが控えに甘んじていてもチャンスが来たときにそれを掴むという幸運の選手。そんな椋原は今日もチャンスを掴んだようで後半ルーカスとの連携で巧く右サイドを崩し得点に繋がった点も、椋原のロングスローのこぼれ玉が2点目になったのもそうだし、なんとも椋原が2得点ともに絡んだ格好になった。これは数少ないチャンスを見事に掴んでますよね。幸運の持ち主です。ただ、連続で使うと徐々にパフォーマンスが低下してしまう点も毎シーズン見受けられるので徳永、太田、椋原、北斗と相性やコンディションを見て上手く使っていけたら良いですね。

 それと連敗を何とか止めて久し振りのリーグ戦勝利でしたが、一安心は一安心だけどまだまだ油断できません。そろそろ上位チームと下位チームが別れてくる時期ですが、東京の定位置中盤のだんご状態に今期も物の見事にはまっており一歩間違えたら残留争いに転落するので勝ち点の取りこぼしだけは避けて行きたいところです。まだまだ上位を目指せる位置でもあるしACLでの好調をリーグ戦にも生かしたいですね。

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info
プレミアム バンダイ

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid2685.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2012 J1 第10節 アルビレックス新潟 VS FC東京 from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2012 J1 第10節 アルビレックス新潟 VS FC東京

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top