« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2010 J1 第29節 FC東京 VS ガンバ大阪

2010 J1 第29節 FC東京 VS ガンバ大阪

FC東京1-1ガンバ大阪

 今季初の連勝をめざし残留へ向けて勝ち点をと望んだ今日の試合。前半は東京ペース、開始早々から果敢に前へ早く責め立てる東京、ただ飛ばしすぎかな?と感じていました。しかしながら平山を中心に両サイドが攻め上がりかなりの東京の時間帯、ここで点が取れなければ後半難しいなと思っていたところ羽生が優しいセンタリング上げて大黒がさすがのヘッド!先制ゴールを決めました。その後も平山のマルセイユルーレットや石川の中へ切れ込んでのシュートで湧かせてくれました。そんな東京ペースで解るように前半東京のシュート本数は11本に対してガンバは1本。前半飛ばしたつけが後半に回ってくるのは何となく予想が出来ました。

 後半・・・宇佐見を投入すると徐々にガンバペース、前半とうって変わってガンバが試合を組み立てる、華麗なパスワークで完全に支配し始めると東京は防戦一方。城福監督から大熊監督に代わって明らかに前へ早い昔の東京スタイルに戻ってしまった今の東京サッカーの持ち味で守ってカウンターを仕掛けるだけになってしまっていますが、そのstyleでガンバの隙をつきカウンターで追加点を狙うが上手くかわされ守られてしまう。ガンバに選手交代+ポジションチェンジで責め立てられると東京は守備で精一杯。結局セットプレーでこじ開けられ失点。元東京の選手に毎度の事ながら悔しい思いをさせられ続けている東京は今回いつものルーカスにやられるのではなくまさかの中澤ちゃんにやられてしまいました。

 結局今日も勝てませんでしたが、正直勝てた試合を落としてしまったと言った感じではなく完全にやられていた試合だったので引き分けも致し方ないところでしょうか。しかし残留争いのど真ん中にいる東京ですが、今日勝ち点1,同じく争っている大宮と神戸は共に勝利し大宮は事実上少し抜けた感があるので実際の残留争いのライバルは神戸です。神戸とは勝ち点で並び得失点での差なだけですので心臓に悪い状況がまだ続くことになりそうです。 しかし今のチームの戦力状態から考えると神戸の方が上向きだという感じがしますね。東京はチームスタイルをがらっと変えてしまったので浸透するまで時間がかかっている最中のような気がします。 なんとか残留目指して・・・・(´・ω・`)ガンバロ〜東京!

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:1

qozy 10-11-06 (土) 21:01

ブログ更新!: 2010 J1 第29節 FC東京 VS ガンバ大阪 http://bit.ly/chL0ME


Comment Form
Remember personal info
プレミアム バンダイ

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid2284.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2010 J1 第29節 FC東京 VS ガンバ大阪 from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2010 J1 第29節 FC東京 VS ガンバ大阪

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top