« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > 日本代表 > コンフェデレーションズカップの日本代表

コンフェデレーションズカップの日本代表

今朝。深夜、早朝だというのに激しく燃えた。テレビでブラジル対日本戦を見ていたからだ。その話をする前にまずは第一戦のメキシコ対日本戦を振り返る・・・
特に振り返りたくはないくらいどうしようもなくボロボロだった試合。アジア最終予選での戦い方が身に付いてしまっていて、対アジア向けのつまらない試合展開をメキシコ戦でも行ってしまっていた節がある。対アジアでは通用していた戦い方だ。守備の仕方、攻撃の仕方。それが身に付きすぎて裏目に出たのだろう。対世界という気持ちの切り替えがままなっていなかったのだと思う。そして修正された日本はギリシャ戦を迎えた。
 ギリシャ戦での日本は4バック、2トップの今まで決して上手くいっていなかったシステムを再び取り入れた。しかしメキシコ戦の日本とは明らかに違っていた。決定力不足の玉田と柳沢は微妙だったが、右サイドの加地と中田、中村の動きは良かったと思う。小笠原に関してはいまいち影が薄い。サントスはやっぱり微妙だった。しかし大黒という「こいつはやってくれる!」と思えるFWが居たおかげでなんとか一点取り勝利することが出来た。これはある意味対欧州、対世界へ気持ちが切り替わったのだろうと思う。ただ、今回の欧州王者がギリシャで良かったと思えたりもする。もしユーロでポルトガルが優勝していたなら今回はどうなっていたか解らない。ギリシャさんありがとう、と言ったところでしょう。そして今朝のブラジル戦です。
 おそらくジーコジャパンとしてのベストゲームとして語られると思う良い試合でした。結果的には2-2の引き分けと言うことでしたが世界王者に対してあわや逆転!というような所まで来たのは紛れもない事実、すばらしかった。問題がなかったわけでもないが今の日本の実力からして攻撃面でのできは良かったと思う、まず。MVPはもちろん2得点に絡んだ中村俊輔であろう、前半の同点に追いつく技あり豪快ミドルシュート!あれには深夜の日本中もドイツの観客席も、ブラジル国民も前回大会で苦戦したフランスでも驚いたに違いない。そして2点目に繋がるフリーキック、バー直撃で大黒のごっつあんゴールに繋がったわけだ。MVPに間違いはない、そして中田英寿だ、やはり彼のボールキープ率は日本代表の他の選手の誰よりもすごかったと認められる。あのブラジル相手にあそこまでキープできたのはさすがだし、パスの精度も良かった。フィオレンティーナからの移籍を目指す中田は今大会かなり良い動きを見せていたと思う。そしてこの大会で一番驚きの動きを見せてくれたのが右サイドバックの加地(FC東京)だろう。彼の開始早々のオフサイドになったゴールはなんとも勿体ないし、どうみてもオフサイドじゃなかった気もする。それに果敢に右サイドを突破してくれた。縦に突破したり中に切れ込んだり。左サイドのサントスと比べてもかなり良いできだったと思う。
 それに引き替えあまり良くなかった選手達も居た、まずはサントス。彼はブラジルチームか?と思えるくらいミスパス。ボール奪われる。一瞬輝いてくれそうな気配はあった物の加地のできが良かっただけにサントスは全く良くなかった。次に玉田。全く機能しなかったですね。彼のスピードを生かすところもなく、また生かされたとしてもギリシャ戦での決定力の無さもあるからどうにも微妙でした。柳沢は動き出しはやはり逸品、しかしチャンスで転んだり、シュート決められなかったり。やっぱりゴールに嫌われてるFWだろう。そして今回1番目についたのが小笠原満男のできの悪さだろう。中田の後継者とまで呼ばれた彼ではあるがブラジル戦の出来は最悪だった。ミスパスはする、トラップも失敗、ボール奪われる、他の選手とかみ合わない、とにかく良いところがなかった。ギリシャ戦ではまだ良い動きしていたがミスパスやトラップミスはあった。しかし小笠原は良い時と悪い時の差が昔からだが激しい。いったいいつ覚醒してくれるのか楽しみにしていた選手なだけに残念ではある。要するに小笠原は対アジア向けの選手だ。アジアでの試合では良い結果を残してくれるが対世界では中々動きが良くない、小笠原はアジアでだけ良い動きをするのは何でだろう。ほんと思った。小野が居てくれたらな。。。と。
 しかしブラジルは桁が違うね。前半2-1で折り返したのはなんとか防いだ感が強い、ロナウジーニョ、カカ、ロビーニョ、アドリアーノの四人の波状攻撃を2てんで防いだのは奇跡だとも思えますね。一時の時間帯は大人と子供の試合見たくも見えたくらい日本はボール追うだけのとこもあったし。いやいやしかしあの攻撃陣のブラジル相手に2-2の出来は良い出来でしょう。

 しかしギリシャ戦であと2点は取れていたはず、その2点に泣いた得失点差での一次リーグ敗退。もったいない。せっかく良い具合に対世界への気力が上がってきて機能し始めたところでの帰国・たった3試合というのは実に勿体ない気がしますね、

 さぁ次は東アジア選手権です。対アジアのつまらない試合展開にならないことを祈る。がんばれ日本。

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid218.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
コンフェデレーションズカップの日本代表 from Planting Field Web Log

Home > 日本代表 > コンフェデレーションズカップの日本代表

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top