« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2013 J1 第10節 FC東京 VS ジュビロ磐田

2013 J1 第10節 FC東京 VS ジュビロ磐田

FC東京2-2磐田

 3連勝で迎えた今日の一戦。久し振りの4連勝を目指しGW最終日だったこともあり集客もかなり多く注目の試合でした。しかし、そんな客入りが良い日、相手チームが不調で監督を更迭した後の東京はいつものように出来が悪いのである。前半最初は東京が良い形を作っていたが、セットプレーから伊野波のヘッドで失点、さらに駒野のクロスを小林裕紀が素晴らしいトラップで高橋、森重の間を抜けフリーで決め2失点目。なんとも前半のうちに2失点、東京は中2日がかなりこたえているのか?ハッキリ言ってかなり出来が悪い。磐田のプレーが良かったのももちろんだが、東京が酷すぎた。そのまま前半を終え後半へ・・・。

 後半に入っても東京は何となく不調。ミスも多く連携、トラップミス、パスミス、なんとも不調である。そんななルーカス、加賀、千真に変えて石川、忠成、平山を投入。すると徐々に東京に流れが変わってくる、平山がペナルティエリア左側でボールをキープし中央スペースへ折り返した所に走り込んできた石川が一閃!気持ちで川口の股間を抜き1点返す。その後も平山が良い起点となったり、石川が両サイド、中央と駆け巡り、忠成が攻守に奮闘、かなり東京のチャンスが増え磐田は防戦一方。勿論合間合間に磐田の危険な攻撃を食らう事はあったが何とかふせぐ。そんな後半ロスタイム、平山がヘッドで競ったこぼれ球を太田がダイレクトにグラウンダーで折り返し、忠成が決め見事同点。終了間際なんとか2-2の引き分けに持ち込むことが出来ました。

 しかしせっかくのGW、集客も多く4連勝がかかった大事な試合だったのにもかかわらず、今日の試合じゃちょっとねぇ・・・・最終的に選手交代で見事な引き分け劇に持ち込むことは出来、負け試合からの勝ち点1は非常に大きいけどもっと最初から何とか出来ない物かと考えてしまう試合でした。中2日での試合は確かに厳しい、ルーカス、東、高橋、米本はかなり疲労が目に見えておりミスも多かった様に感じました。ワンタッチで折り返すパスが強すぎたりトラップもミスったりとね。あんまり連戦で疲労が蓄積されているときには控え組出しても良いんじゃ無い?石川、平山、忠成、先発をはれる選手はまだ居ますよ。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid10674.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2013 J1 第10節 FC東京 VS ジュビロ磐田 from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2013 J1 第10節 FC東京 VS ジュビロ磐田

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top