2013 J1 第6節 ベガルタ仙台 VS FC東京

スポンサーリンク

ベガルタ仙台2-1FC東京
 仙台にも敗戦。ついにリーグ戦無慈悲な4連敗となりました。前半はいつものように奇麗に崩し内容の良いサッカーだけど最後だけ上手く合わないで点が獲れませんでした。そのままの流れで後半に入る。するといつものように後半の立ち上がりに失点。またいつものように少し間ヘヘ急ぎすぎたため、ビルドアップの段階で奪われショートカウンターを喰らいさらに失点。ここぞとばかり当たりを強くしボール際で負けなくなりセットプレーで1点返すも2点目が遠くそのまま敗戦。
内容は良いけど?負けているんだから内容が良い分けない。確かに上手い崩し、奇麗なサッカーをやってチャンスは数多く作れて居るが、守備が崩壊している。ボールに対して寄せが甘すぎるし結果的に何となく詰めてるだけでフリーでシュート打たれているのと変わらない。CBとボランチの間を完全に使われてる。それと今日の試合は東が消えて、秀人はボール持ったらいつもパスコース迷いまくっての逃げのパス。徳永疲労、千真不調となんだか端から見ててもなんだかなぁ・・・と思うところ。まぁまだ開幕6節目ですけれど、2勝4敗ってかなりまずい。内容が良くて勝てなくて降格した城福時代を思い出す。その時よりも今の方が守備は崩壊している気がするのでとにかく守備というか、ボールへの寄せ、当たり、何とかもっと危機管理を強く持って欲しい。
あーつまらない試合を見た。
ただ・・・・・平山の意地を見た気がした。もっと平山が見たい。あの平山のヘッドからの忠成の1点はきっと今後への道しるべだろう。

FC東京
スポンサーリンク
qozyをフォローする
Planting Field Web Log

コメント

タイトルとURLをコピーしました