« 7月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > Tags > ACL

ACL

スポンサードリンク

ACL 2012 Round of 16:Guangzhou Evergrande FC VS FC TOKYO

1-0FC東京

 ACLベスト16の試合、広州恒大(广州恒大)VS FC東京はアウェーでの一発勝負です。相手は何故か元イタリア代表監督で2006年に世界一に輝いたあのリッピ監督が率いていますが・・・さらにかなりの金満チームとの噂も聞きますが如何な者なのか?話だけ聞くと絶対に負けたくないと思えるような対戦相手、さてどうなるか・・・

 試合映像を見たらやはり完全アウェー。異様な雰囲気は感じる。東京は先日のレッズ戦から中3日というかなりタイトなスケジュールではあったけど前半からかなりちゃんと攻めることが出来ていたのでは無いでしょうか?ある程度前まで運べまだ相手も東京の特徴を捉えきる前の数分間は結構攻めることが出来チャンスにもなっていました。しかし徐々に時間がたつにつれ広州に攻められ続けてしまい対応に苦慮。広州の助っ人外国人選手達は質が高く、右サイドの徳永は対応に四苦八苦といった感じになっていました・・・。でも徳永で右サイドの対応が苦しいなら東京に他の選択肢は無いですね。 しかしそれでも何とか対応していたけどあれだけ中盤で奪われ方が悪いとダメです。結局ボール奪ってもロストし攻め込まれ続けての失点、痛すぎました。1-0のまま後半へ。

 後半は徐々に動きの鈍くなっていた広州に対し東京の攻撃の時間が徐々に増えていたように感じた。しかし有る一定の所まで運べても最後の精度が悪すぎた。シュートが枠に飛ばなければゴールになるわけが無い・・・・。最後の最後まで果敢に攻め後半ロスタイムには権田までもが最前線へ上がりヘディングシュート撃ったけど結局はずれ敗戦となりました。

 やはりボールを持って前戦まで運べる時間帯もありましたが、結局は奪われ方が悪い。最終ラインとボランチの位置でミスからのボールロストだったり、せっかく奪って攻撃にかかる最中に他の選手が追い越して上がっているときにボールロストしショートかウンターを喰らうとか・・・やはりリーグ戦と同じ失敗が多く見られたのが残念です。でも攻撃の形や今まで一度もやった事が無いような選手配置だったり3バックシステムだったり、それが機能したりしてこのチームはまだまだ発展途上で成長過程にあるというチームなのが良く解る。まだまだ強くなる要素が多くACLでも勝ち進めそうな力を感じるのだが・・・。結局今期初めて参加したACLはベスト16で終えることとなってしまい非常に悔しい。全く歯が立たなかった訳じゃ無い相手に競い負けてしまった感じ。一瞬の隙から産まれた失点が最後まで取り返すことが出来ずに。国際試合ACLの悔しさを晴らすにはまた来期参戦するしか無い!ACLに毎年出られるような安定した強さのチームになるために毎シーズン、毎試合成長していきたいですね。

 権田の熱さがあればいつかきっと・・・
 

ACL 2012 GroupF:Ulsan Hyundai FC VS FC Tokyo

蔚山現代FC(울산 현대 FC) VS FC東京

蔚山現代ホランイ1-0FC東京

ACLグループリーグ最終節で首位突破をかけた戦いでした。前半から東京ペース。幾度となく攻め上がりかなりの回数チャンスを作りリズムを掴んでいた。しかしセットプレーから一瞬の隙をつかれ失点。何とか取り返そうとしたが、引いてスペースを潰し引きこもる蔚山を崩せず攻めきれずに試合終了。何度もチャンスがあったのだが、相手GKが良すぎたかな?残念である。

 とりあえず決勝トーナメント進出は決まっていたが、首位突破にならなかったので次戦は5/30日アウェーで中国戦となってしまいましたね〜、勝って首位突破だったら東京で柏戦でしたけど、どちらが良かったのか・・・神のみぞ知る。

ACL 2012 GroupF:FC Tokyo VS Brisbane Roar

FC東京4-2

 ホームでのブリスベン戦。非常に悪天候の中行われました。しかし悪天候のためかまさかの馬鹿試合!開始早々にブリスベンのセットプレーがあっさり決まってしまうが、その直後高橋が決めすぐ追いつく。さらにゴール前のこぼれ球を椋原が押しこみ逆転に成功したが、その後ブリスベンにサイドから上手くかわされシュートを打たれ、そのこぼれ球を押しこまれる形で失点し追いつかれる。2-2のまま前半を終えるかと思われた44分千真がPエリア外?と思われる微妙な位置で倒されたのに何故かありがたくPK判定!それを千真自ら決めて再び逆転し前半を1点リードで終える。

 後半にはいると徐々に東京ペース。後半15分にスルーパスを受けた千真がゴールに流し込み4点目。そのまま終了し勝負あり。結果的には馬鹿試合だったが、一応完勝になるのかな?失点シーンは悪天候の為だったとも思えるけど実際中盤などでのミスは先日のリーグ戦同様今日も見受けられたのでまだまだ安心できない感じ。それでもリーグ戦での失敗から選手同士の距離感などの部分で改善はされてきているようなので、今後に期待ですね。まぁ何はともあれベスト16進出を決めたのは今のところACLでの好調は維持できている感じですね。次戦は蔚山との直接対決で1位突破をかけての戦いが待っています。なんとか決着付けて1位でいきたいですね!

Continue reading

ACL 2012 GroupF:FC Tokyo VS Beijing Guoan(FC東京 VS 北京国安)

FC東京3-0

ACLグループリーグ第四戦 北京国安戦が行われました。前回アウェーでの対戦では北京の激しいラフプレーに削られまくりなんとか引き分け勝ち点1がやっとでしたが、今日はホーム味スタ・・・否!東京スタジアム!(国際大会ではスタジアム名はネーミングライツは不可で本当の名前しか使えないため) 先発は疲れや怪我、調子などを考慮し塩田、徳永、森重、太田、米本、長谷川、石川、大竹、田邉、渡邉となっていて普段出場機会の少ない若手が楽しみです。控えは常澤、丸山、椋原、羽生、谷澤、平山、ルーカス

 試合開始から東京ペース、北京の縦パスを入れさせないようにパスコースをかなり塞いでいたように感じます。そんな開始10分にも充たない時間帯に石川のFK→千真のヘッドで先制。その後もトップ下の大竹やサイドの草民も好調なようで幾度となくチャンスを作れて居ました。しかしなかなか得点できないまま前半終了間際に長谷川→千真→大竹で追加点。このまま折り返すと後半も東京ペースで谷澤が決め手3点目。試合を決めた得点となりました。このまま試合終了し見事勝利勝ち点3を得ることが出来ました。

 勝ったのは最高に嬉しい。特に大竹がかなりいい具合に試合で効いていたしプレーも輝いていました。草民もサイドと急遽ボランチとまだあMだ危ない場面もあったけど草民の味が上手い具合に出ていたので色々な新しいポジションも楽しみな選手です。そしてついに丸山が後半ラストにプロデビュー出来たし、ますます楽しみな東京です。  しかし、米本が今度は肩の脱臼?と思われる負傷で交代するなど、少し心配です。先日のリーグ戦では権田が負傷離脱するなどしているので怪我人続出はちょっと頂けないですね。心配です。

Continue reading

ACL 2012 GroupF:Beijing Guoan VS FC Tokyo(北京国安 VS FC東京)

1-1FC東京

ACL グループリーグ第3戦 北京国安足球俱乐部 VS FC東京が北京で行われました。完全アウェーの中の対戦です。

 前半開始早々から北京が激しくプレッシャーをかけ縦に早い攻撃を展開。そんな開始してまだ10分弱だったろうか、加賀が太もも裏の肉離れで早々にピッチを去ったのだが、その選手交代のままならない1人少ない時間帯に守備のミスでPKを与え失点。その後チャンヒョンスを交代で投入したがなかなか北京のプレッシャーを交わしきれずに押しこまれ続ける。ほぼ北京の時間がずーっと続いた中でたまに東京がマイボールにしてもシュートまでいけない。そんな厳しい劣勢の前半終了間際右サイドから石川へ石川の落としに長谷川がミドルを撃ち見事ネットを揺らして同点。そのまま前半終了。

Continue reading

1 / 212

Home > Tags > ACL

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top