« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2012 J1 第8節 FC東京 VS 清水エスパルス

2012 J1 第8節 FC東京 VS 清水エスパルス

FC東京0-1清水エスパルス

 前半から中々上手く廻らない。パスを繋いでもパスコースを塞がれ繋ぎ直すために最終ラインでパスを回すも、その最終ラインが危なっかしい。そんななか清水は何故か今日は荒々しくプレーしてきておりイエロー三昧で最終的には2人退場。後半も残り時間が少なくなって来て相手が2人少ない中東京はパスを繋いで良い形を目指すだけで中々攻撃の形が作れない。そんな攻めあぐねてる最中に左サイドで前が詰まりバックパスを選択した太田がまたも相手選手にパスをしてしまいそのままドリブルで持ち上がられ、パスを通され見事なシュートを決められ2人少ない清水に失点を喫す。 その後も後半時間が少ない中何とか追いつこうとするプレーは全くなく、平山を投入してもパワープレーという選択もなく、残り数分なのにもかかわらず自分たちの目指すポゼッションサッカーをはき違えたように最終ラインでパスを回し全く前へ繋げず終了。2人少ないチームに完敗した東京。

 ハッキリ言って酷い、とんでも無く酷い。戦う姿勢とか全くない。東京の目指すポゼッションサッカー、繋ぐサッカーは解る。しかし試合全体通してパスを回すことに終始し最後のシュートまで行けずに最終ラインまで戻してやり直す、その繰り返しでチャンスを待つのだがそれは良い。そのパスの繋ぎが軽すぎる、まるで試合中にパス回し練習をやっている感じで安易なパスミスを繰り返し、前がつまりやり直すためのバックパスを毎回狙われてピンチを招いている上に太田のバックパスが見事に相手へのパスという。このシーン何度見たことか・・・・残り時間が無いのにもかかわらず最終ラインとボランチでちんたらちんたら訳のわからないやり直しを繰り返すだけで、攻撃へ時間をかけないでという選択肢が全くない。自分たちの目指すポゼッションサッカー、繋ぐサッカーは勿論解るのだが、勝ち点を獲ることを最大限に目指せよ。こんな試合じゃ選手が挨拶に来る前にサポが帰宅するのも当たり前だろ?ブーイングするのも嫌になるようなお粗末な試合だった。しかも前節仙台戦も酷かったのでちょっとかなりチーム状態は深刻だと思われる。2010シーズンに同じような状況で降格し2011シーズンJ2で戦える集団に成長したと思ったら今シーズンはACLでの好調やリーグ戦連勝で試合ごとにチヤホヤされた結果徐々に昔の東京に戻ってしまったような状況。連戦じゃなかった今日の試合での結果を見る限りACLの疲れとかじゃない。どこか歯車というか考え方がずれている気がする。

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
Loading...Loading...

Comments:2

リラ天神 12-04-30 (月) 6:29

始めました、リラ天神。

やっぱり戦う姿勢が重要ですね。私も地元のアビスパ福岡の試合をよくみに行きますが、やっぱり選手の戦う姿勢が感じてない時、腹がたって帰ります。


qozy/unchin 12-05-01 (火) 1:15

今節はがっかりすぎてショックがでかいです。


Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid2681.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2012 J1 第8節 FC東京 VS 清水エスパルス from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2012 J1 第8節 FC東京 VS 清水エスパルス

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top