« 7月 2018 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Home > Tags > Museum

Museum

スポンサードリンク

東京都美術館:トリノエジプト展

トリノエジプト展 8月から催されていたトリノエジプト展が今日が最終日だと前日に知り慌てて午前中から上野にある東京都美術館までぶっ飛んで行ってきました。

 到着すると既にかなりの人出。当日券を1500円で購入し並ぶことにする。結構な人数で私が到着した時間帯では40分待ちの行列だった。さらにこの美術館は空調が悲惨なようでかなり空気の流れが悪くこれだけの人混みで空気がよどんでいた。更に追い打ちをかけたのが今日の暑さだ、久し振りの晴天で気温が上昇し空気の流れの悪い東京都美術館の行列付近は少し汗ばみよどんだ二酸化炭素の中での40分待ちとなった。案の定行列で私のすぐ横にいた30代から40代くらいの女性が貧血であろうか?ぶっ倒れてしまいツレの男性と係員に介抱されていた。

 行列をおとなしく並んで40分弱待っているとやっとこさ中に入れたが中も案の定物凄い人。なかなか展示物を見られなくてやきもきしたが、そこは少し離れても背伸びしたりしてなんとか見てきた。いやぁ圧巻ですね。石碑や装飾品、レリーフやら棺、人型棺、ミイラも、もうなんだか流石エジプトでした。今回のようなエジプト展を観に行ったのは初めてなので結構感動。何千年も昔にこの技術と文明、すごいっす。なんだかナイルの力を感じますね。王家の紋章 が中々話が進まないのも解る気がします。(どないやねん何十年続くんだ?作者は何歳だ!)
 まぁ写真も撮れないし、そんなに詳しく無いので何が展示してあったとかどんな価値のある物かとかは全く知識がないのでかけませんが、とにかく面白かった!何はともあれ最終日になんとか観に行けてよったです。

Continue reading

新庄展 IN 調布

 今朝、7時台だったかな?NHKニュースのスポーツコーナーで昨晩の新庄さんのニュース。その中で中継が入った。東京調布のデパートから。新庄展です!って感じで、NHKだからそのデパートの固有名詞を言わないのね、「何処でやってるんだ?調布?」と思い、中継の映像見てたら・・・「解った!」と、調布のデパートなら何処かすぐ解る。たぶんあそこしかないな。周りの風景も、建物の造りも。うん、「調布パルコだ!」八百屋のある「調布パルコだ!」、地下が食品売り場の「調布パルコだ!」、昔、平屋の商店街が並んでいたところに建てた「調布パルコだ!」・・商店街時代なんて誰も知らないよね・・・。

 そんなわけで帰りに閉店間際の調布パルコへ寄り、新庄展を見てきました。
新庄マスク01新庄マスク02
このマスクの実物があるとは!嬉しかった。本物見ても気持ち悪いな。面白いけど。

新庄展こんな風にTシャツやストラップなどのおみやげも売っていますし、今までの名シーンの写真パネルも展示されてました。オールスターのゴールデンバットで予告ホームランポーズとかね。ちなみにおみやげのTシャツは、新庄選手が引退セレモニーの時に着ていた背中にメッセージの書いてあるTシャツです。色は黒と赤、黒は6300円くらいしました、高いから買いませんでしたよ。


新庄 阪神ユニフォーム 阪神時代のユニフォームも展示されていましたし、メジャーリーグ時代のバット、後はグローブとかも展示されていました。パルコ入り口の所すぐに設営されていますので結構一杯人が居ました。みんな写真撮ってましたね。新庄選手へのメッセージボードも設置されていて、結構埋まってました。

 近所の方、ちらっと行って見てみたら如何ですか?いつまでやってるか知らないけど・・。

調布パルコのWEBSITE見たら書いてありました。

10月26日(木)〜31日(金) ■1F・エレベーター前特設会場
東京初上陸の新庄グッズショップが期間限定でOPEN。
会場だけの限定オリジナルグッズを販売!(一部予約限定販売)

Continue reading

安彦良和原画展

 この間「安彦良和原画展」へ行ってきた。八王子でやっていたのでちょっと電車に乗ってぷらりと。場所は八王子市夢美術館です。詳しくはこちら

安彦良和展 安彦良和ってだれ?なんて思う方はもうそんなにいないでしょう、結構有名人ですからね。色々な作品書かれていますし、安彦さんの絵も有名だし、彼の書いたキャラクターは既に一人歩きもしていますから。そう、ガンダムのキャラクターデザインをされた方です。アムロ、シャア、セイラさん、ザビ家のみんな、ぜーんぶ安彦さんの絵です。Zのカミーユもそうですね。MSは大河原邦夫氏なので違いますが、人物をデザインした方です。他にもこの方は色々書かれています、元はアニメーターですが現在は漫画家としても活躍されているので知っている方も多いでしょう。

キャラクターデザインの代表作品は
機動戦士ガンダム
Zガンダム
F91
宇宙戦艦ヤマト
ライディーン
コンバトラーV

 もちろん他にもいっぱいあるのですが、そんな安彦さんの描いた原画を見てきました。うーん巧い!絵が綺麗です、最近の気持ち悪いアニメの絵じゃないのがやっぱり良いですね。この作品も安彦さんだったの?なんて思いながら色々見てきました。そんな原画展で新たな出会いもありました。この人の書いた漫画読みたいなぁ。。。。もちろんガンダム漫画なんかは単行本で少し読んだことはある、意外に面白いし、絵もいっしょ、ストーリーの中で語られていなかった部分も詳しく語られていたりして面白いのだが、所詮アニメの漫画化なのは言うまでもない。それに原作は一応富野氏とサンライズなわけで、安彦さんではない。もちろん酷評する内容じゃなくって結構面白い。(機動戦士ガンダムTHE ORIGIN)この作品の原画、サムネイル、ラフ、カラー表紙、原稿など素晴らしい作品も公開されていました。

 でも、そんな中安彦さんの色々な漫画作品も一緒に展示されていました。

主な漫画作品
アリオン、クルドの星、ヴイナス戦記、虹色のトロツキー、安東、王道の狗、アボジ、ナムジ、神武、Cコート、マラヤ、ジャンヌ、イエス、我が名はネロ、ネオデビルマン、韃靼タイフーン、蚤の王、機動戦士ガンダム THE ORIGIN、アレクサンドロス、三河物語 マンガ日本の古典 23

 上記のような作品も公開され、「へぇ〜色々書いているんだ」と初めて知りました。漫画をここのところほとんど読んでない私としては全く知りませんでした。で、その原画を見て、横に書いてある説明や、作品の紹介文を読んでいるうちに無性に読みたい作品が何点か出てきました。

私が読みたいな?と興味を抱いた作品は、

  1. 王道の狗
  2. 虹色のトロツキー
  3. ジャンヌ
  4. イエス

 です。さすがに今から揃えるのもなぁ・・・と思いながら、でも読みたいという衝動。この原画展の外に出ると巧い具合に単行本が売られているんですよねぇ・・・・・そんなわけで上記に書いた作品のうち一番読みたい!と思えた「王道の狗 」を買うことにした。愛蔵版が全4巻なので揃えやすいのもあったので購入してみました。帰宅してから読もうと思います。

 ともかく行ってみてよかった、結構楽しめた。八王子会場は今月18日までなので次の週末にでもお暇な方は行ってみてくださいな。なかなかいい絵です。

 さて、久しぶりに八王子へ行ったのですがその帰り、もっと久しぶり、約10年降りに京王八王子駅前でミスタードーナツに寄ってドーナツ食って帰路につきました。
ミスド

王道の狗を読んだ感想はこちら

王道の狗 (1) (JETS COMICS (4221))

著者/訳者:安彦 良和

出版社:白泉社( 2004-11-29 )

定価:

コミック ( 327 ページ )

ISBN-10 : 4592142217

ISBN-13 : 9784592142218


虹色のトロツキー (1) (中公文庫―コミック版)

著者/訳者:安彦 良和

出版社:中央公論新社( 2000-03-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 679

文庫 ( 251 ページ )

ISBN-10 : 4122036240

ISBN-13 : 9784122036246


ガンダム展 IN 上野

行ってきました!上野の美術館でやっていたガンダム展!
普通のアニメの展覧会って言うのだったら気持ち悪くっていけないけど、今回のガンダム展は若手アーティストたちが独自の観点でガンダムの世界観を捉えそれを物体化、映像化、ビジュアル化、音楽化などさまざまなジャンルの物で作られていました、コリャ面白かった。以前大阪でやっていて大盛況だったため東京でも開催されたのですがなかなかいいですね。若手アーティストおもしろいよ。

一点だけ撮影が許可されていたので撮ってきました、携帯写真なので画質は悪いですけど・・・

しかし一番ビックリしたのは馬鹿でかいセイラさんの像!ありゃ気持ち悪かったけど大スケールでしたな。後は実物大コアファイター。たまらんね。

しかし俺と同じ時に見に来ていた高校生か大学生のアニオタ君が趣旨を理解しないで見に来ていたようで帰り際に「これでガンダム展かよ!」って吐き捨てて出て行かれていました。勘違いしちゃっていたようですね、アニメ展ではなく芸術展だったのにね。でも楽しかったですよ。

牛腸茂雄

今日は知人に連れられて三鷹市美術ギャラリーで開催されてる
牛腸茂雄写真展を見に行ってきました。
正直名前すら知りませんでしたが、初めて見てみて

お!と思う写真や、自分にはどう見て良いのか解らない写真や
色々感じてきました。元々風景写真やポップアートとか
とにかく人物以外の写真の方が好きな私でしたが、
新たに、というか久しぶりにこのような写真展を見に行って
また人物写真も良いかなぁと感じ始めてみたりしています。

巷じゃ有名らしいですが私は知らなかった・・・もぐりかな

とにかく新しく発見できたこともあり、とにかく行ってよかったと
思うところであります。

牛腸茂雄:1946-1983

関連リンク:三鷹市美術ギャラリー

写真集:
牛腸茂雄作品集成

Home > Tags > Museum

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top