« 7月 2018 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > Tags > 事件事故

事件事故

スポンサードリンク

東北関東大震災 / 東北地方太平洋沖地震 / 東日本大震災

 3月11日に発生した東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震 / 東日本大震災)の被害にあわれた皆様に
心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々ご遺族に心からお悔やみ申し上げます。

地震でしたが、私は無事です。Twitterではつぶやいております。

 金曜日の午後。
激しい揺れに流石にコレはまずいと外に飛び出たら、
上から水がジャバジャバ。俺は裸足で飛び出した。
私のいた建物は元の部分と増設部分のつなぎ目ががちゃがちゃと激しく擦れている
そこで擦れたのか、埃か、激しい揺れと轟音と共にそこから吹き出し煙り。
揺れる地面。正直この建物はやばいかな?と恐怖を覚えました。
その後建物も私も怪我無く無事。
家族との連絡もつき無事の確認。

報道で地震情報を見て事態の深刻さを知りました。

人生で一番怖い地震となりました。
私は多摩地区でしたのでそんなに大きな被害に今のところ遭いませんでしたが、
東北地方の被害の深刻な状況を見ると心が痛いです。
大地震、大津波、終わらない余震、ライフラインの切断、原発の危機
報道で見る限り非常に厳しい状況ですが、

ガンバロウニッポン!力を合わせて。

You’ll Never Walk Alone!

Continue reading

Serene Bach紹介ページの文章を盗用されました。

 以前2006/07/23 日サイト構築ツールその1 Blog構築ツール編と言うentryを書いた。

 その中でいろいろなサーバーインストール型ブログ構築ツールを紹介していて、私が愛用しているブログ構築ツールSereneBachももちろん紹介文付きで書いたのだが・・・・

 最近見かけたWEBSITEで非常に私が書いた紹介文にそっくりなのを見つけたんだけど・・・。なんか読んでて記憶にある文章だなぁと思って自分のエントリー見直したところ・・・ん?う〜ん・

 偶然かなぁ

Continue reading

消えた上九一色村

 あの、オウム真理教のサリン事件で一躍全国区に名前が知れ渡った上九一色村の名前が消えることになりましたね。市町村合併による物ですが、今回は珍しく南部北部別々の町との合併になると言うことです。あの事件から結構年数がたちますが、この上九一色村という名前が消えてそのまま事件も風化してしまわないようにしていただきたい。あの事件は少なからず私には激しく刻まれています。

参考ニュース:「上九一色村」分村合併で消滅 村民、オウム追放に思い(産経)
       上九一色村市町村合併について

このブログ内での関連記事:色々な10年/1995年の衝撃

オウム関連の文献を探す:Amazon

尼崎の脱線

何とも悲惨なニュースだろう事件だろう。毎朝のニュース、夜のニュースを見るたびに死者の数が鰻登りだ。ついに100名超えたし。なんとも辛い物がありますね。 報道も少しずつ論点が変わってきて被害者の家族を報道したり事故原因追及が重点を置かれ始めていますね。それに運転手の精神状態やJR西日本の教育実態等々。その運転手の家族は悲しみにくい状況になってしまったのが可哀想かも知れない。たしかに加害者側だ、100名以上の死者、500名近い負傷者を出したのだから仕方ないのかも知れないが、彼は職務を生真面目な上で遂行しようとしていたようにも見える。でも実際お客の安全を犠牲にした保身(自分の身を守りたい)という行動でのこんな結果だったのも事実。しかし運転手の両親は激しく辛いのでは?23歳の息子を失って悲しむに悲しめない。そんな状況に見えてしまう。今日制服姿の遺体が収容されたようだし亡くなっているのは間違いないのだ、でも被害者の悲しみはすさまじいと思う。あれだけの多くの人命が失われその数の分だけ家族がある。自分にそんな状況が降りかかったらとんでもなく辛いと思う。やるせない事件だ。

それにマンションの住民、彼らも可哀想な被害者なのは言うまでもない。個人的にはJR西日本が全て買い取りあそこのマンションに鉄道事故慰霊碑などを建てて被害者の冥福を祈って欲しい、マンション住人にはきちんとマンション代金を全て立て替えてあげて頂きたい。破壊された車代も。そりゃそうだ、あそこに住みたくない。あれだけの多くの方が命を落としたその場所に暮らすのはちょい辛い気がする。

でもこの事件たまたま関西圏だったのだが東京でも起こりえる事だと思う。日比谷線の脱線事故も記憶に新しいし、当時同じ営団地下鉄丸ノ内線を利用していた私としては身も凍る事故だったわけだし。電車に乗っていて物凄く飛ばす運転手だなぁって思うこともあるしオーバーランにも出会うことはある。正直恐いな。

それと以前サリン事件に巻き込まれた記事を書いたことはあるのだが、当時それを周りにあまり言うことはなかった。知っている人は知っていたけど。するとある人にこう言われた。
「え〜!すげーじゃん、自慢できるよ。何で自慢しないの?」
「こんな身近にいたんだ!、いやー凄いね。」
・・・・。あほかと思った。自慢?凄いの?確かに助かったのは運が良いがその裏に亡くなった方や後遺症の残ってる人もいること考えたらそんな行動する気になる訳がない。でも結構の人が同じようなことを言う、ていうか言われた。今回の被害者もきっと言われるのだろう。頼むから辞めましょう。

色々な10年/1995年の衝撃

先日被災から丸10年たった阪神大震災だが。あのテレビからの映像は衝撃的だった。確か当時私はその二日前の1月15日が日曜で私自身成人式だったのだ、翌日は振り替え休日で仕事が休みで翌日火曜の朝6時過ぎ起床し出勤の準備をしていると目覚ましテレビから地震のニュース映像が飛び込んできた。それはビルの窓ガラスが割れている後から思うとまだまだ序の口な映像だったのだがなんとなく「え?」結構おっきかったんだぁ。程度に思ってそのまま出勤。仕事中にお客さんから号外を見せられて見た写真が高速がなぎ倒されてる写真だった。あの映像は目に焼き付いている。あれから10年たって阪神神戸は凄い復興した。その2年後に実際にその辺りを車で通過したのだがその時点でも幹線部分はほぼ復興していた。すごいなぁって思った記憶があるがこの10年間が実際にはみんなの努力が凄かったんだろうなってほんと感動する。

そういえばこの年にもう一つ大きな事件があった。オウム真理教による地下鉄サリン事件。この事件からももうすぐ10年がたとうとしている。あれは95年の3月20日である。
以下は以前私のHPに載せてあった日記の抜粋。

3月20日
 この日社会的に大事件が起こったのである。そしてこの事件で日本全国に衝撃が走った!そう俺はいつものように私鉄京王帝都電鉄(当時の名称)で新宿まで出てそれから営団地下鉄丸の内線に乗ったのである。丁度霞が関あたりだったでしょうか社内アナウンスで「霞ヶ関駅で爆弾が発見」ってなアナウンスがあったのですが俺が乗っていた電車はそのまま霞ヶ関に停車しドアも開いたのである。・・・爆弾じゃないのはすぐにわかる・・・・異様な光景・・・・後にそれが「サリン、毒ガス」とはんめい・・・。
俺はそのときは全く問題なく無事で通常通りに出勤し業務をこなしていた、
仕事で築地まで自転車で行ったのだが・・・そこは今朝の駅で見た光景よりもさらに恐ろしい物であった。何十台もの救急車、消防車、パトカー、そして道ばたに倒れるサラリーマン、OL学生、緑の制服を着た営団地下鉄職員・・・・・。築地は完全に隔離された状態であった。俺の当時の勤務先が銀座だったのだが銀座周辺もサイレンの嵐。普段とは全く違う、事件の大きさが徐々に伝わってきた。しかしまだ体は(自分では)大丈夫だと思っていたのでそのまま夜7時頃まで仕事をしていたのだが・・・・・突然鼻血が出てきた・・・・・俺は「?」っと思い普通に止血をしようとがんばった・・が!その後2時間半出血が止まらない徐々に血の気が引いて行く、顔面蒼白、指先や足から体温低下、けいれん、さすがに自分でも「きゃーびっくり!」だが周りの同僚は「うぎゃー!どうしたんじゃ〜〜!!」と
さらにびっくり!ってなわけで俺は同僚に救急車を呼ばれて都内にあるとある病院に運ばれて行く。特に入院とかひどいものではない、ただ微量だが吸ったらしく粘膜が弱り出血したらしい治療は鼻の穴にどう考えても長すぎない?ってくらいな長さの綿をぐいぐい!とつっこまれてもう鼻骨の奥まで入れられたのである。しかし鼻に詰めて電車に乗るのは恥ずかしいがしゃーないのである。実はこの日うちでもある出来事が予定されていた、姉の彼氏がうちの両親に結婚の挨拶にくる予定だったのだが俺が救急車で運ばれたのを聞いて時間を延ばして待っていたらしいまあ結果的にはきちんと挨拶をすることはできたのでよかったんだけどね。(^^)しかしこの事件許し難い・・・・宗教団体がここまでやるのか・・・・・怒りは頂点である。
この事件は忘れては成らない。風化させては行けない事だと強く考える。
事件から丸4年たとうとしているがようやくって感じである。
亡くなった方や未だに後遺症に悩まされ通院されてるかたを思うと気の毒だが俺は症状も全然軽いものであったのが不幸中の幸いというか悪運が強かった。しかしこれは俺の中で一生忘れることはできない、忘れたつもりは出来るようにはなったがいつもどこか頭の片隅にあるのだろう・・・・・。
(この記事は事件から四年たった頃1999年に書いた物)

この事件からかな。私が新興宗教にたいして考え方が全く変わったのは。それに対しての色々な想いはここで書くことではないのであんまり書かないけどね。信仰は自由だ。でも自分が入っている宗教は実際はどうなんだろう?と見つめ直すことも必要なのではないだろうか。実際色々調べるといろんな第三者から見ると「なんだこれ?」って思える物も少なくない。
ちなみに私は全くの無宗教です。これまでもこれからも入ることはないでしょう。
そんなわけでこの10年はいろいろ考える10年だった気がします。

関連リンク
阪神大震災:
http://www.universal-kobe.co.jp/
http://www6.wind.ne.jp/mrfujii/photo/photindex.htm

地下鉄サリン事件:
http://www.asahi-net.or.jp/~ye8n-nsmr/sarin
http://www.web-arita.com/
http://www.egawashoko.com/

Home > Tags > 事件事故

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top