« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > 日本代表 > サッカー日本代表オシム監督 脳梗塞で倒れる。

サッカー日本代表オシム監督 脳梗塞で倒れる。

 なんとも衝撃的なニュースだろうか・・・・サッカー日本代表を2006年のドイツワールドカップ終了後に前ジーコ監督の後任として就任され約1年半率いてきたイビチャオシム監督が急性脳梗塞で自宅で倒れ入院したと。

 正直びっくりした、まさか!と・・・確かに高齢だし、心臓に持病を抱えているというのは就任当初から健康不安説としてあったが、まさかだ。本当に。今日の色々な報道によれば記者会見だと危険な状態、ニュースだと危篤、意識はあるなど断片的でしか情報が無く正直どの程度の病状なのかは見えてこない。

 でも、もう日本代表どうのこうのは関係なくなんとか軽度の脳梗塞であってくれたらなと願うばかりである。1日も早く回復を願いたいとは思うが、脳梗塞という病気、症状でそれを願うのもこくだと思う。3日〜7日、脳を開いての手術なら手術後に脳がしばらく腫れる。意識が一度戻ってもそのまま・・・・と言うことも多い病気だから気軽には何とも言えない病状だろうと感じます。しかし、本当に何とか命を取り留めて欲しい。代表監督という重責を背負っていてかなりの負担になっていたのは間違いないでしょうけど。もうそんなことより命をなんとか・・・と願うしかない。

 日本サッカー協会の川渕会長は泣きながらの会見となっていましたが、川渕会長とオシム監督は東京オリンピックで知り合っていてもう随分ながい間の友人関係というのもあり、あのように涙を流されたのだと思うと、会長の悲痛な「何とか命を取り留めて欲しい」という言葉が本当に今のオシム監督の病状を物語っていると感じる。

 本当に、なんとか助かっていただきたい。

 オシム監督は戦争の混乱の母国、母国の分断、ユーゴスラビア代表監督時代に起きたあの時代をサッカー監督として生きていて、その後転々とし日本へ、そして日本サッカーのために尽力されてきたわけだ。その功績は大きい。

 いろいろな批判も多いし、アジアカップの制覇が出来なかったことだけを批判する人も多い。しかし私は期待していた。国内組を基盤にしてその基礎をたたき込み、そこに海外組を入れ融合を計っている最中だった。まだまだオシムの目指していたサッカーは出来上がっていない。発展途上なサッカーだったのだ。そう、その完成形がどうなるのかを正直期待していた。来年2月から始まるアジア3次予選でも少しずつ熟練されたチームになっていくと信じていたし、楽しみだった。正直まだまだな感じをしてたし、それでも一瞬一瞬ひかる連携なんかが見られると「お!」なんて思って見てました。9月の対スイス戦などは激しい試合でしたがあの強豪国と対等以上に渡り合ったあの代表の試合は今後の日本代表を期待させてくれるような試合だったのにと・・・。

 しかし脳梗塞で倒れたと言うことはたとえ回復されたとしても代表監督を続けられるとは正直思えないのも事実だし、間違ってもオシム監督自身の体を考えたら頼むことも出来ないと思う。本当はオシム監督が回復して引き続きいまのスタイルで強化し続けて欲しかったし、そうして欲しいが、色々なMediaで言われているように後任監督を選出しなければいけなくなるのは仕方ないことだと思う。アテネオリンピック直前に野球日本代表監督だった長嶋茂雄氏が同じく脳梗塞で倒れたときは後任監督を置かず監督代行だか、コーチという形でそのまま長嶋氏を監督としていた。しかしそのスタイルではいけないと思う。

 今年中に後任監督を選ぶというようなことは正直難しいと思う、今の日本サッカー協会はA代表監督を海外から呼ぶという方針を採っておりそうなると海外の有力な監督を捜し呼び契約しなければならない。それには時間が少ないし、たとえワールドカップ予選に間に合ってもそれは急ごしらえなのは否めない。それなら日本人で代理監督をたて、慌てず後任監督を捜すというスタイルをした方が良いのかもしれない。

 現実的には3月くらいまでは監督代行をたて4月頃に正式に後任監督を選出した方が慌ただしさはないようには思うが、監督が替わると言うことはサッカースタイルが変わるわけだ。そうなると自ずとメンバーも総入れ替えに近くなるのも否めず、連携などの面でまたチームを1から作らざるを得なくなるわけだ。

 すでに色々なメディアで後任候補の名前まで挙がっているが、有力候補として現浦和レッズ監督のホルガー・オジェック氏やオシム監督の愛弟子で旧ユーゴ代表のストイコビッチ氏、現U-22監督の反町康治氏、現日本代表コーチ大熊清氏、元日本代表監督岡田武史氏などなど噂の段階ではある物のかなりの名前が挙がっている。

 あくまで噂だし、予想の段階の報道だから真実身は非常に薄いことはあるがやはり日本人サッカープレーヤーの特性や身体能力、などに理解が深く既に日本にいる人の方がやはり現実味は高いと思う。ストイコビッチ氏はライセンスが無いので名古屋の監督という話も流れたばかりですからほぼ無い話でしょうし、あったとしても監督経験のない人物を監督にするのはジーコ一人で良いと思うのでやはり無しだと思う。確かにストイコビッチ氏は選手としては最高で言うこと無い選手だったのは間違いないですが・・・・

 しかし、後任云々よりも本当にオシム監督が回復してくれることを祈りたいしそうなってほしい・・・一昨日もAFC CLの決勝の「浦和レッズ対セパハン戦」を見ている姿がテレビに映ったばかりだというのに本当になんとかと思う。

 

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid798.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
サッカー日本代表オシム監督 脳梗塞で倒れる。 from Planting Field Web Log

Home > 日本代表 > サッカー日本代表オシム監督 脳梗塞で倒れる。

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top