« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > Photograph-Camera > 「写ルンです」フィルム詰め替え品は特許侵害?

「写ルンです」フィルム詰め替え品は特許侵害?

 こんなニュースが出ていた。
「写ルンです」フィルム詰め替え品は特許侵害
要するに使用済み写るんですをFilm詰め替えて再販していたって言う奴ですよね。

「写るんです」は誰もが知っているフジフィルムの商品である。良く勘違いされている方も多いのだが写ルンですは使い捨てカメラではない。カメラを使い捨てるのは色々問題があるのだ。そんなわけで発売当初より使い捨てカメラとしては売っていない商品なのである。あくまでレンズ付きフィルムであり、フイルムとして販売しているのだ。カメラではなく、レンズのついたフィルムなのである。

 何度かこのブログでも書いているが私は以前プロラボに勤務していたこともあって入社1年目は工場で現像作業員として働いていたことがあり、その時天文学的な数字の写ルンですを分解し、中からフィルムを撮りだし現像するという作業を行っていた。現像所には写ルンですをセットしレバーを一回下に下げるだけで写ルンですを開封しフィルムを出すことが出来る便利なものがある。分解する前にフィルムを完全に巻ききってから開封しないと感光してしまうのでそこを注意し、写ルンですを機械にセット、レバーを下げる、フィルムを取り出す。と言う作業を行っているのである。中に入っているフィルムはフジやコダックの場合は普通の135ミリで、レンズ付きフィルム専用パトローネに入っている。(フィルム自体は一般商品と同じもの)ちなみにコニカ系の小型レンズ付きフィルムには135ミリサイズのフィルムなのだが、それをさらに薄く加工したフィルムが入っていてパトローネも約半分のサイズだ。今もあるのかは知らないが当時はそのようなフィルムが入っていた。デジカメ全盛期では使う人も減ったでしょうけどね。

 さて、本題だ。その開封された後の写ルンですはフジフィルムが回収する。専用の回収ボックスに何十個かまとめて、さらにボックスを積み重ねて回収されるのを待つ運命だ。毎日フジから回収のトラックがやって来てそれを持って行く。そしてフジではそれを再利用するわけだ。今回この訴えられた企業がどの様に使用済み写ルンですを入手していたかは知らないが、街の写真屋さんから回収してしまえば結構な量は入手できるのは確かだ。どこかその辺の癒着もあるような気がする。私は大きな現像所だったので毎日フジが回収に来ていて他に横流しみたいな事はなかった。

 実際に現像所に入ってくるレンズ付きフィルムには明らかに詰め替え再販された商品もあった。特徴的なのは中のフィルム。写るんですの形態、どうみてもフジのものなのにパッケージが変えてある。さらに中に入っているフィルムのほとんどはフジ製品ではない。多いのがアグファ、3M、コダック、中国語の書いてるフィルム、ハングルの書いてあるフィルム。しまいにはなんだこれ?っていうような同じラインで現像したくない粗悪品フィルムが入ってることも多かった。まぁ私から言わせればまがい物を使うな。

 さて、ここまで書けば私が写ルンですを分解したことが何度もある事がご理解いただけたと思うが(仕事だったし)、機械を使わずマイナスドライバー一本有れば基本的には全てのレンズ付きフィルムの分解は可能だ。そこで分解しようと思ってるあなたに忠告である。写ルンですは感電するので要注意。ストロボが搭載されているタイプは感電するおそれがあるので初心者?にはオススメしない。まぁそうそう感電するものではないがマイナスドライバーを二本両手に持ってぐりぐりしてみよう。突然両手からドライバーが離れなくなります。まぁ微量な電気量なので死には至らないと思いますが片方の手から体内に電気が流れ片方の手から体外に電気が出ていき写ルンですと両手を通じて電気がグルグル流れます。その瞬間は体内のどこからか「ぶぅーん」と振動がやってきます。はいその通り!私は一回だけ写ルンです感電を体験しています。簡単に分解できるからと言ってよい子&良識のある大人の皆様は写ルンですの分解は辞めておきましょうね。

 まぁこんだけ分解しているのですから詰め替えも出来ます。現像所勤務でしたから勉強もかねて写るんです詰め替えましたよ。自分で使うようにね。普通のカメラはパトローネからベロを数センチ引っ張り出しセットする感じです。で、撮影が終わると巻き戻し取り出すという手順だと思いますが、写ルンですなどのレンズ付きフィルムは逆です。一番最初の段階でフィルムが全部出ています。フィルムのお尻の部分だけがパトローネ内のスプールにくっついていて残りのフィルムは反対側にあるスプールに巻き付いている状態になってます。撮影し「ガリガリガリ」と巻く度にパトローネ内に巻かれていく仕組みで、撮影終了時と共に巻き上がってることになります。

 で、実際詰め替えて撮影ちゃんと出来るの?ってちゃんと出来ます。問題ないです。ストロボつきの場合は電池量が減ってる可能性もありますが単三電池入れればいいし、何の問題もないですが、開封という手順を行っているので、ちゃんと閉じてないと普通にかぶります。まぁこんなデジカメ時代にわざわざ写ルンです分解して詰め替えて撮影しようなんて思う人は居ないでしょうけどね。私自身これやったのはまだデジカメという言葉自体存在しないバブル崩壊直後(90年代最初)でしたから。あはは

 そんなわけでよい子の皆さんは危険ですのでやらないように。さらに販売するなんて馬鹿な大人の真似も辞めましょうね。普通に考えて再販する事を考える方も考える方ですよ、特許侵害、あたりまえじゃない?フジの製品なんですから他の何のOEM提供も受けていない団体や企業が詰め替えて売って良いわけ無いじゃない。個人的に試すのは良いと思うが回収することが大前提の商品をかっさらう行為は特許侵害以上のものもあるように感じるが、そこまでのことでもないのかな?
 

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:1

_count_zero 12-07-05 (木) 20:04

@ndmk_mgnt_bot 御存知やもしれませんがこの辺露光させずに分解の参考になるかも。
http://t.co/th5O7yNF


Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid712.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「写ルンです」フィルム詰め替え品は特許侵害? from Planting Field Web Log

Home > Photograph-Camera > 「写ルンです」フィルム詰め替え品は特許侵害?

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top