« 7月 2016 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > FC東京 > 2011 J2 第37節 FC東京 VS JEF千葉

2011 J2 第37節 FC東京 VS JEF千葉

FC東京1-0狗

 震災中段開けの対戦で惨敗して以来の対戦です。東京は昇格と郵送を決め、千葉は昇格が無くなってしまったことから消化試合となりましたが、前回対決時に負けているのできっちり勝ちたい試合です。

 前半、お互いに固い。ひいて守る千葉に対し東京も固く中々崩せない。パスを繋いでも動きが少ないので引いて守っている千葉に穴が空かない状況。たまにカウンター一発狙いの千葉が向かってくる。そんな固い展開も前半終盤は若干千葉にも穴が見え始め数回東京の惜しいチャンスは作れた。しかい前半はつまらない展開だった。 後半に入ると東京にスイッチが入り結構果敢に攻め立て始める。それでもひいて何とか守り続けカウンター狙っていた千葉がファールの累積により1人退場し選手交代でセザーが入ると流れは更に東京に流れてきた。羽生がドリブルで中央を斜めに切り裂きパス、セザーがそれを受けてルーカスにパス、ルーカスが反転してCBをかわしシュート!やっとこさ先制出来た。その後は1人多い東京がな千葉のカウンターを押さえ無事ホーム最終戦を勝利で終えました。味スタ今シーズンリーグ戦無敗でーす。

 さて、前節終了時に昇格し、翌日鳥栖の結果で東京の優勝が決まったわけで本日やっとJ2杯の授与が行われました。授与しに来てくれたのはJリーグの大東チェアマン。チェアマンからキャプテン今野がからJ2杯を受け取り、ワッショイ&記念撮影。 (ノ^^)ノ(ノ^^)ノ(ノ^^)ノ

 続いて平松の挨拶。相変わらずの良いキャラです。今野石川谷澤いじりも寒さなんか吹っ飛ぶ寒さ。エア乾杯は久し振りに見ましたね〜。早く平松選手のアキレス腱が治ることを祈ってます。引き続き大熊監督の挨拶が有りました。

 最後ゴール裏への挨拶後に大熊監督を胴上げで落とすなんて酷い仕打ちしちゃったのには笑った。感動したのは大熊監督のシャーと今野のシャー。まさか今野がやるとは(´;ω;`)ブワッ 最後にユニフォームを観客席に投げ入れたのは・・・なんかあるのか?と勘ぐってしまう。でも前節昇格の喜びよりドーピング検査が嫌だなと言う気分が顔に出てた今野があの笑顔のシャーで何かあるとも思えないね。今日は素直に楽しんでおこう。

 これで今シーズンの味スタは終了。次の最終節は札幌が相手です、今シーズン1回目の対戦ではJ2舐めんなよという感じにスコアレスだった相手。ガッチリ勝って今シーズンを終えましょう。天皇杯に繋がる勝ちを!

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.planting-field.com/archives/eid2625.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2011 J2 第37節 FC東京 VS JEF千葉 from Planting Field Web Log

Home > FC東京 > 2011 J2 第37節 FC東京 VS JEF千葉

ZenBack
Feeds

 RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加Google Readerへ追加
Photo
Other-Meta
ブログランキング blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ My Profile by iddy にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
ブログでクチコミ B-Promotion

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top