« 7月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > Tags > 戦争

戦争

スポンサードリンク

硫黄島からの手紙 -感想-

日本 硫黄島からの手紙

監督:クリントイーストウッド、制作:スティーブンスピルバーグ。

 見てきました。第2弾日本側から見た「硫黄島からの手紙」、第1弾の「父親たちの星条旗」についてはこちらの感想文でも読んでください。

硫黄島からの手紙 [Blu-ray] 父親たち〜を見終わったときと同じように、今回の硫黄島からの手紙も見終わった後非常にブルーになる映画でしたね。もちろん素晴らしいとも思う映画なのですが、クリントイーストウッドという監督はやはりお涙ちょうだいという作り方はしませんでした。正直最初のほうは「あれ?」「泣かす作り?」なんて思った部分もあったのですがやはりそうなると前作との雰囲気が変わってしまうのでイーストウッドらしく乾いた作りになっていました。そう、特に今回のこの硫黄島2作品、感動とかは必要ない映画です。

 サイパンを墜とされ本土防衛の最終ラインとなっている硫黄島を死守していくという話なのだが、その戦いは既に帝国艦隊を失い、戦闘機もほとんど無い日本軍には明らかに勝ち目のない戦闘。5日で墜とせると言われたこの硫黄島戦を約一ヶ月間も長引かせた日本軍の戦い、逃げることも許されずその当時の思想と現実と生死の分かれ道が誰にも先を読むことの出来ない時代で生きている人間の話でしたね。海岸沿いで米軍の上陸を防ぐような戦い方をするという海軍型の戦い方と渡辺謙が演じる指揮官が主張する洞窟を掘り要塞化して戦う戦闘方法、同じ日本軍でも既に全く統率が取れなくなってしまっている実態も負けゆく日本を上手く描いてくれた気もします。

 映画のタイトルとなっているように硫黄島からみんな手紙を書いている。この演出は私自身は結構好きですね、今回の映画は個人個人の裏事情と言いますかバックグラウンドにある生活の風景を少しだけ描いていました、この人物背景の部分が多すぎるとはっきり言って日本の作る戦争映画やドラマになってしまいます。お涙ちょうだいって奴ですよね、泣いて叫んで・・・って言う作りです。その部分を最小限であり、最適な方法で少しだけ挿入した今回の演出は日本人が見ても嫌な気分にさせないような配慮した部分なのか、もしくは日本人好みに着色してくれた部分なのかな?個人的にはそうであってもなくても、今回のこの挿入方法は良かったです。量も適量。その反面手紙を音読しているという演出方法で少ししか映像として描かれていない裏側の部分を補完してくれているので解りやすさも加わり私は良かったなって思う点ですね。

Continue reading

核議論

 核の議論はすべきだ。持たないなら持たないをはっきりさせて欲しい。
持つことは大反対だが、議論自体が出来ないのもおかしい。

持たないと明確に示してほしいと思うのだが。どうなんでしょうかね。

父親たちの星条旗 -感想-

USA 父親たちの星条旗

監督:クリントイーストウッド、制作:スティーブンスピルバーグ。

 見てきました、第1弾、アメリカから見た硫黄島「父親たちの星条旗」を。もちろん原作である父親たちの星条旗硫黄島の星条旗)は読んでいない。

 映画として「面白かった」と、簡単にいってしまって良いのか、簡単に感想が書けるかというと凄まじすぎて単純に「面白かった」とは言えない。内容が内容なだけに見終わった後非常に重たい気分になるのは確か。

父親たちの星条旗 第二次世界大戦の日本との戦争の中で、米軍が一番被害を出したとも言われている硫黄島の激戦をアメリカ側からの視点で描かれたこの作品、たった一枚の写真で英雄に祭り上げられた3人の兵士たちの苦悩と葛藤とその後を重点的に描いていました。最初解りにくい作り方をした映画だなと、場面がかなりいったり来たりするのでどの場面かを把握するのに少し手間取りはするものの、最終的には理解できるように作られています。兵士にフラッシュバックで激戦を思い出させる作り、もう、なんともやりきれない気分になる。

Continue reading

Underground nuclear test in North Korea

DPRK_WMD 北朝鮮が核実験を行った。正直言えば脅しだけでやらないんじゃない?なんて少し思っていたのだが甘かったようです。

 結局、安倍晋三首相の中国韓国訪問に合わせてなのか、北朝鮮の記念日に合わせてなのかは解らないのだけれども、結局そんな時期に行われた。ま、私が知るのはテレビや新聞報道でしかないわけだから詳しくは解らないけれども、どうやら失敗で広島型よりも弱い爆発でしかなかったとも言われている。その為もう一度近々やるのでは?と報道されていた。

UN02 で、結局この後どうなっていくのだろう。中国、ロシアもメンツを潰されたようですし、韓国も太陽政策が裏目に出てしまった。日米はいつものように強硬に北朝鮮を非難していくわけですが・・・。そう舞台は国連に移る。国連でどの様な決議がされるのか、国連憲章第7条を含む制裁決議案が出され、武力制裁も見据えた制裁案になるのか・・・・。時は動き始めました。六ヶ国協議っていったいなんだったんだろう。長い間永遠と時間かけて、中国が一生懸命説得しても結局裏切られ続けて・・・・。北朝鮮以外の5ヶ国の外交官、大変だったんだろうなぁ。と普通にねぎらってしまう。無駄骨です。

 すぐ武力制裁って言う物ではないでしょうが、もしかしたらそっちの方向に進んでしまうのかという雰囲気もありますね。戦争はダメ、嫌、と何回か書いてきましたが、いざこの様に隣の国が大量破壊兵器を持ち、実際に実験してしまうと少し考えてしまう。平和主義論者って言う訳じゃないけど、平和な世の中になればいいとは思っているのだが、それだけではどうにもならない世の中なんですよね、平和主義は理想論か・・・。黙らせるには最終的にはその方法しかないんでしょうけど、一応最後まで平和的な対話での解決を目指して欲しい物である。ただ、相手が聞く耳持たなければ最終手段しかないんでしょうけどね。

 でも、北朝鮮はなんで最終手段と言われてきた核実験を行ってしまったのだろう。読み違いをして居るんじゃないの?アメリカは恐らく強硬に2国間協議に応じないでしょう。で、この実験やったら一応味方であった中国、ロシア、韓国を完全に敵に回してしまうかもしれないのに。その真意が何だったのか?北朝鮮はパキスタンを目指しているのか?核保有し、核実験したパキスタンは何故かアメリカに認められてしまっている。そう言うアメリカの矛盾したダブルスタンダードが北朝鮮にも適用されるんじゃないか?なんていう期待を持っているのか?疑問はいくつもあり気にはなるけどそんなこと知る術もない。

 兎にも角にもこの地下核実験のその後、国連の対北朝鮮政策はどうなっていくのか、隣の国だけに非常に気になることです。ただただ核実験に踏み切ってしまったことが残念でならない。

 さらには放射能汚染の問題もある。隣接している日本海の海洋汚染、大気を伝わって日本まで来るのも間違いない。そっちの方が今のところは心配だ。私が小学生の頃だったろうか?旧ソ連のチェルノブイリ原発事故があったときもあんなに距離があるのに日本まで放射能はやって来た。人体に影響のある程度ではないにせよ大気に乗って放射能は拡散する。今更核廃絶なんて出来ないんでしょうけど、何とも人は恐ろしい物を作った物かとさえ思う。

 小学生の頃自由研究で広島長崎の原爆を調べたときから非常にこの問題には関心を持っているけど、あのころから核を取り巻く環境って少しは良くなったのだろうか?米ソ冷戦時代終結で両国の核保有弾数はかなりの数が削減され、核保有を目指していた国々もかなりの数の国が核保有計画の凍結や破棄をしている(ブラジル、アルゼンチン、南アフリカ等)。 でも、実質的核保有国はその反面増えている。今回の北朝鮮で8ヶ国。核廃絶に動いているのか、拡散に動いているのか、近い将来その結果は出るのかしら?

 結局何が書きたいか?一言で言えば憂鬱な気分だ。

終戦記念日で身近な戦争を感じなおしてみる。

 8/15、そう、今日は61回目の終戦記念日です。終戦記念日なのでせっかくだから記事を書いてみる。日本人として生きてきて戦争って言うのは全く身近ではない。戦争を知らない世代がほとんど。そんな私ももちろん知らない世代。でも今までの人生で日本は昔戦争をしていたんだなって身近で実感することがある。その辺りを書いておこう。日本人の誰しもが家族、身内の誰かしら戦争に参加していたはず・・・。

 小さな頃最初に”戦争“と言うキーワードに触れたのは母方の祖父からかな?そう爺ちゃん。私の母方の祖父は右腕がなかった。「何で無いの?」と尋ねると「戦艦の上でアメリカの戦闘機の機銃で撃たれた」と聞いた、祖父はモールス信号とかやる通信兵だったみたいですが、後に戦艦の甲板に居たところを撃たれ、とっさに陰に隠れたが右肩が隠れきれずにそこを機銃で・・・結局怪我をした右腕を麻酔無しで船上にてノコギリで切断したらしい。切断面の肉が繋がるにつれて骨が飛び出してくるらしくもう一度のこぎりで切断したそうだ。昭和19年頃に負傷兵として帰還したらしいので終戦間近の激戦に出撃することなく生きて戦後を迎えられたそうだ。

 次は父だ、私の父は満州生まれ、「満州って何処?」と尋ねたら「今の中国」と答えが返ってくる、その後色々知るようになってその意味がわかった。満州鉄道の警察隊として満州移民し、終戦を迎えた父方祖父一家。祖父は終戦間際に満州に攻めてきたソ連軍に掴まりシベリアへ運ばれる最中にトラックの荷台から転げ落ちながら一気に走り草むらに逃げ込んだそうです。危うくシベリア抑留されるところだったときかされました。父は父で終戦時2歳、栄養失調になりながらも命からがら日本に帰還したと祖母から聞かされました。

 あの戦争から生きて帰ってきた私の二人の祖父、その祖父が居たからこそ私も生きている。終戦だからと言うわけではないが、せっかくの終戦記念日、そんな命の大切さも感じたい今日この頃です。日本が二度と戦争を起こさないように、巻き込まれないように願いたい・・・・。

1 / 3123

Home > Tags > 戦争

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top