« 7月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > Tags > World Cup 2010

World Cup 2010

スポンサードリンク

World Cup 2010 9日目 日本オランダに負ける。

グループE

  • 誰んだ?おらんだ!1-0日本
    オランダ対日本
     グループリーグ第2戦、優勝候補オランダとの対戦は惜敗。正直カメルーン戦よりかはかなり機能してきていた様に見えました。確かに堅守速攻型にシフトチェンジしてしまいました。しかし華麗なサッカーをするほど日本は強くないので泥臭く良かったと思う。守備もブロック作って守ってたし阿部が上手くスナイデルへのパスコース封じたりとかなり守備重視だけど守備に関しては安定していたように思いました。しかし後半のスナイデルのミドルを打つ瞬間、そこへ詰める選手が誰もいなく一瞬の空白を作ってしまい川島も弾けると思ったけど処理をミスしなんとか弾いたがゴールへ・・・残念。まぁなんとか負けて当たり前の相手との試合で最少失点1-0での負けは負けの中では良い方とポジティブに行きましょう。
     しかし、今日は交代選手の采配が上手く機能しなかった、それまで先発の両サイド松井と大久保の動きが非常に良く効果的に効いていたように見えていたが、流石に後半になると疲れが目に見えてきた。そこで松井に変わって投入された中村俊輔。ついに投入されたと言った感じだったけれど正直現在控えにまわってしまっているのも仕方ないような出来でした。全く機能してなかった、サイドにいてもボールが来ないから中央下がり目で受けるもパス出せないし・・・。ポゼッションサッカーをしていない今にチームにフィットするには少し大変そう、経験のある選手だから何とかとは思いましたけど、どうしちゃったのでしょうかね。
     さらに玉田と岡崎、岡崎は決定的シーンを外したけどチャンスの場面にいた。ただ、玉田があまり目立たなかったのが気になりましたね。初戦では先行逃げ切り型の采配だったが今日初めて追いつくため、得点を獲るための采配を振るったが、今日のアレがそうだとすると迫力ある攻撃陣ではないように思えた。スピードと飛び出しを狙ったのだろうけど残念ながら精度が悪すぎる。今日の流れならば中村憲剛、森本あたりを投入してほしかったなと個人的に素人目には思った。
     優勝候補相手にあわよくば同点引き分け間近まで相手を苦しめ惜敗したというのは内容的には良くやったと言ったところ。ただ、あわよくばと言ったところまで言っていただけに悔しい敗戦でしたね。次戦はデンマークとの試合ですがこれもすんなり勝てるとは思えない。オランダに善戦したからと言ってデンマークが楽とも思えないので心臓に悪い戦いが待っておりますね。
  • カメルーン1-1丁抹
    カメルーン対デンマーク・・・亀 対 電マ
     両チーム初戦を落とし後が無い状況でのまさかの試合開始早々からのカウンター合戦という馬鹿試合。カメルーンが先制したらデンマークが取り返し追いつき折り返すと後半になり疲れが見えてきたカメルーンからついにデンマークが決勝点を奪う。その後も馬鹿試合の様相だったけどデンマークが勝利。カメルーンは逆に大会最初のグループリーグ敗退が決まってしまいアフリカの大会でまさかの結果となってしまいました。

 この結果オランダが大会最初にグループリーグ突破を決めた、残りの1枠をデンマークと我が日本が直接対決で他力本願ではなく争うことが出来る展開となりました。勝ったら文句なし、引き分けでも日本が得失点差で上回るから行けるというやや有利の立場で迎えることになりました。昔オリンピックでブラジルを破り2勝したのにグループリーグ敗退したという大混戦を経験している日本ですが、今回は2勝したら文句なしでトーナメントへ行けるようなのでもう引き分けとか狙わず死にものぐるいで勝ち点3獲得しに行きましょう!

グループD

  • ガーナ1-1鯨
    ガーナ対オーストラリア
     オーストラリアが初戦でまさかの大惨敗はアジア勢としては衝撃の結果でした。今日こそはという感じでオーストラリアが先制し好調な滑り出しをしたのに・・・まさかのキューウェルハンドでレッド退場(´・ω・`) あれが故意には見えなかったが審判が故意にハンドと判定した場合はレッドだから仕方ないのか・・・。おかげでガーナがPKを決め追いついた。しかしながら試合内容は一人少ないオーストラリアがかなり良い試合をしていた。全然一人少ないとは思えないように守備も必死に、攻撃も繋いで前ヘ運んでるし・・・ただお互い決定力不足。ガーナもパワーでドッカン係シュートが何本もあったけど決まらず・・・痛み分けのドローとなりました。 今大会唯一勝利のあるガーナですが初戦も今節も得点は審判だよりのPKだけですからアフリカ勢が苦戦する大会のようですね。

 同じアジア枠のオーストラリアには頑張って貰わないとアジア枠が減ったら悲しいですからねぇ・・・。って前々から思って何度か書いたような気はするけどオーストラリアがアジア枠で良いなら日本がオセアニア枠でも問題ないんだろうな〜オーストラリアと日本がオセアニア枠で他にもフィリピンやインドネシアなんかも巻き込んでってそれじゃぁレベルが落ちちゃうか。アジア連盟は中東などのアラブ系のサッカーや中央アジアの欧州っぽさが含まれたサッカー、東アジア系のサッカー、東南アジア系のサッカーと色んなサッカースタイルが経験できるのが良いんですからねぇ。それにしてもアジア連盟は国家が多いなぁ。

World Cup 2010 8日目 好ゲーム

グループD

  • ドイツ0-1セルビア
    ドイツ対セルビア
     強豪と古豪の対決!まさかのカード乱発の試合、審判が壊したのか?そう言うわけでもなく、結構きわどいシーンも多かったように感じる。とくにクローゼの二枚目は仕方ないかなぁと・・・そんなクローゼまさかの退場で有利と言われていたドイツがまさかの危機、退場直後にセルビアが隙をついてGOAL!一人少ないドイツも怒濤の攻撃を何度も魅せたがPK失敗などツキと運にも見放されて敗戦。なかなか好ゲームだったが明暗を分ける結果となった。
     それにしてもドイツ代表の若きプレイヤーメスト・エジル(Mesut Özil)は東京の羽生直剛選手に似ているよなぁ・・・毎回見る度に思う。

グループC

  • メリケン2-2スロベニア
    アメリカ対スロベニア
     人気はないけどひっそり強豪チームの米国対、今大会前からサプライズ最有力候補と言われているスロベニアの対決。この試合は最高に面白く興奮する試合展開でした。前半のセルビアは2得点したが2得点ともキレイなゴール。1点目のミドルも美しいし、2点目もキレイに崩してあっさりと加点。前半で勝負有りかと思いきや後半はアメリカ、アメリカのエースドノバンがフットサル並みのシュートを角度のないところから決めて1点差。さらにパワープレーで追いつくという結構燃え上がるような試合展開。まさかの幻の逆転ゴールもあったが審判の判定はファールという現実は厳しい判定で両者痛み分けのドロー。しかしとても面白い好ゲームでした、第三者としてみて普通に面白いサッカーの試合を見られて満足でした。テクニック的やポゼッション的にはそんなに凄いとか言うような物ではなかったけど両者の真剣勝負がガチガチで面白かった。 
     そういえばアメリカ代表のエース「ドノバン」と言う名前を聞くと昔あったアメリカのドラマ「-V-ビジター」の主役マイク・ドノバンを毎回思い出してしまうのは私だけでしょうか・・・。
  • イングランド0-0アルジェリア
    イングランド対アルジェリア
     どうした?イングランド。まだ一勝も出来ていない、他の強豪国スペインやドイツ、フランスも苦戦しているがイングランドも中々厳しそうだ、今大会のアフリカ大陸はヨーロッパの優勝候補勢には厳しい出迎えをしたことになるのだろうか・・・。

 それにしても各グループ2試合目に入りかなり混戦の模様で面白い限りです。優勝候補が苦戦していたりまさかのチームが日本を含め善戦とか・・・残念なのは今のところアフリカ勢が苦戦しているところかなぁ?せっかくのアフリカでの大会、アフリカの躍進も期待していたのですがね。

World Cup 2010 7日目 完勝と逆転と

グループB

  • アルゼンチン4-1こりあ
     アルゼンチン対韓国
     アルゼンチンの強さが目立ちました。韓国は守備的に試合を運んでいこうとしていましたが前半のオウンゴールでその計略は泡と消えました。さらに失点。前半で2失点しましたが一瞬の隙をついて前半終了間際に意地を見せて韓国は1点差まで追いつき希望を見いだしましたが、それが強国を本気にさせたようです。後半に入ると何とか追いつきたい韓国は攻撃へシフトする、しかし守備が薄くなりスペースが出来たためもっとアルゼンチンペースで試合が進んでいきテベスの突破、メッシのドリブル、途中投入のアグエロの好プレー、イグアインのハットトリックでアルゼンチンの強さだけが目立つ試合となりました。 なんだか4年前のドイツ大会で日本対ブラジルの試合を思い出しました。日本の次戦オランダ戦がこうなら無いことを願うばかりです。
  • ナイジェリア1-2ギリシャ
     ナイジェリア対ギリシャ
     ナイジェリアが有利だろうなと思って試合を見ていましたが案の定先制はナイジェリア。これはギリシャは難しいなぁって思ってたのですがまさかのナイジェリア選手の報復行為ファールで一発退場。これで流れが一気にギリシャ。今大会初の逆転勝利ゲームとなったこの試合のお陰でグループBはどのチームにも第3戦まで突破の可能性があり2位争いが大混戦となりそうですね。

グループA

  • おフランス2-0ドンタコス
     フランス対メキシコ
     フランスはいったいどうしたんだろうか、全くと言ってチームになってない。1分1敗、最終戦が開催国南アフリカ・・・両国とも最後の戦いは色々ありそうですな・・・。

World Cup 2010 6日目 ジャイアント・キリング

グループH

  • ホンジュラス0-1チリ
    ホンジュラス対チリ
     中々面白い試合だった、ブラジルともアルゼンチンとも違う南米サッカーを魅せてくれました。前へ前へと言う攻撃的姿勢、試合終盤でも一気に加速する、良いですね。チリは良いチームと感じました。48年ぶりの勝利!
  • スペイン0-1スイス
    スペイン対スイス
     まさかまさかのジャイアントキリング!スイスは前回大会を無失点で敗退というあり得ない成績で去ったくらい固いチーム、その堅さを最大限発揮し、圧倒的なポゼッションで昨年のアメリカ戦以来負けていない試合を完全に支配していたスペインを一発のカウンターで仕留めたという、何とも素晴らしい大物食いをやってくれました。
     スペインの華麗なポゼッションは見ていて「すげー」と本当に感心したし心底魅せられましたが、ポゼッションだけでは勝てないとどこかの大物監督が言っていましたがその通りになってしまいましたね。日本もここ数試合ポゼッションサッカーから堅守即効型を取り入れつつある課程での勝利だったことを考えると、「World Cupは良いサッカー、キレイなサッカーが勝てない」と言われているのも解るような気がしますね。
     それにしても楽しい試合だった、スイス勝ち点3おめでとう!

グループA

  • 南アフリカ0-3ウルグアイ
     南アフリカ対ウルグアイ
     あ〜あ、開催国南アフリカがグループリーグ敗退の危機、開催国が今までトーナメントまで行かなかったことは1回もないと言うことですが、今大会は初めてそうなってしまうかもしれません。試合開始からしばらくは結構同じくらいの鬩ぎ合いだったと思いましたが、やはり潜在能力に勝るウルグアイが徐々にペースを掴むともう勝負ありになってしまいましたね。南アフリカは最終戦フランスとの戦いが決勝トーナメントへ進めるかどうかの鍵となりますが、強豪フランスに勝てるのでしょうか・・・・でも今大会のフランスは微妙なのでもしかしたら・・・

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

World Cup 2010 5日目 死のグループ

グループF

  • ニュージーランド1-1スロバキア
    ニュージーランド対スロバキア
     まさかのニュージーランドがサプライズ!おそらく勝ちを確信していたであろうスロバキアの隙をついて後半ロスタイムに追いついたという何とも言えない大展開。ニュージーランドがまさかの勝ち点1ゲッツです!

グループG

  • 象牙海岸0-0葡萄牙
    コートジボワール対ポルトガル(象牙海岸対葡萄牙)
     屈指の好カード!強豪同士の対決はかなりの白熱した素晴らしい試合でした。前半からガッチガチの組みあい。コートジボワールが予想以上の組織的守備でポルトガルを機能させないという印象。クリスチアーノロナウドの瞬間の輝きは流石だけどあの屈強なフィジカルのコートジボワールの守備が素晴らしく、徹底的なマークで仕事を中々させて貰えていませんでしたね。それでも流石の両チームは守備も攻撃もガチガチ、後半なんかはとくに見逃せない目の話せない好試合でした。結局スコアレスドローとなりましたが、終盤には先日闘莉王が破壊してしまったドログバがなんとか本大会開幕戦に復帰してくれたので安堵ですね。この両チームはブラジルと対戦しなければいけないのに今日勝ち点1しか獲得できなかったというのはお互いに痛いのではないでしょうか?両チームにとっての肝心なのは「北朝鮮戦」になりそうですね。
  • 伯剌西爾2-1北朝鮮
    ブラジル対北朝鮮
     ブラジルガ勝つのはもう当たり前でしたが、意外や意外北朝鮮のまさかの善戦。調子の上がらないブラジルに対して失う物の無い北朝鮮は死にものぐるいというか熱い魂を感じましたね。というか川崎のチョンテセが国歌の時点で号泣。日本生まれ日本育ちの在日三世で韓国籍なのに北朝鮮代表という本人にしか解らない色々な想いが込み上げてきたのでしょう。ちょっと見ていてジーンとしました。政治的とか色々ありますが、アジアのチームがと言う点では非常に頼もしい試合をやってくれたように思えます。 それでもブラジルはちょっと初戦は毎回だけどやばそうな立ち上がりです、強豪国だからピークはトーナメントの時期に持っていくのでしょうけどこの試合は大金星を少し期待させたのは言うまでもありません。 それにしてもチョンテセの前へ前へという推進力はやっぱり凄い。
4 / 6« First...23456

Home > Tags > World Cup 2010

Google
iTunes
ガンダムユニコーン

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray] 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 1 [Blu-ray]
icon icon

Feed
Other
Ranking
ブログパーツ
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top